人気ブログランキング |
タグ:本 ( 579 ) タグの人気記事
ブックオフに本を捨てに行った・・・断捨離です。
以前、あらかたの本は捨てたんだけれど、なんの未練があったのか、いわゆる『工具』類の書物は、コンテナに入れて取ってあったんだわ。

まぁ、漢文大系とか新潮社の古典集成とか・・・。で、まったく取り出したりもしないので、思い切って捨てることにしました。幸い近所にブックオフがあるので、コンテナに入れたまま持参すれば処分できるし、運が良ければ売れることも・・・。
d0150949_22241109.jpg
二日に分けて、コンテナ5個分を処分しました。上の画像の本のお値段は・・・なんと355円でした。
d0150949_22252534.jpg

いくら古いとは言え、集成が1冊5円かぁ・・・。渋すぎますな。

5箱のトータルは、700円ちょいでございました。本を捨ててお金をもらえた・・・と前向きにとらえてと。

あとは、CDとかLPレコードとか・・・。

by obakeland2008 | 2019-05-06 22:32 | | Comments(0)
『はじめてのレザークラフト』創刊号を買った。
前々から欲しいなぁと思っていた、『はじめてのレザークラフト』創刊号を買ってしまった。

期間限定で配本される付録付きの雑誌の常とう手段である、創刊号だけ異常に安くしてとりあえずは雑誌に食いつかせるってぇ撒き餌にまんまと引っかかったわけです。

でもまぁ、随分と年を重ねたのに、これといった趣味もない我が身を顧みると、レザークラフトなんて実益を兼ねたいいもののような気がしてたまらないの。

しかし生来の飽きっぽさと不器用さを兼ね備えているので、たぶん続かないだろうから、実益なんてどの口がいうんだかってぇ感じですな。

で、そのとっかかりに、499円ならお安いよねぇ・・・。
d0150949_19392060.jpg
付録にトンカチやら目打ちやら革やらがついてるし・・・。
d0150949_19402145.jpg

で、この雑誌は購入してゆくと、パスケースとかショルダーバッグとかを順繰りに作成できるらしい。でもよくよく見るとパスケースはこの創刊号・2号(1199円)・3号(正価の1999円)を購入しないと完成しないみたい。しかもすべての道具や材料が付録になっているわけではないので、必要に応じて自力で買い足さないとならない。


ちなみに、近所のカルチャーセンターは、入会金5000円、月一回3時間で3000円の月謝だった・・・。


そして、この雑誌は2週に一冊ずつ配本になるようで、それが・・・なんと100号まで。

えぇっと、創刊号が499円、2号は1199円、3~100号が1999円ですから、約4年で197600円ということになりますな。まぁ月に4000円だから、やる気のある人にはいいんじゃないかなぁ。でも中身はそんなに詳しくはないから・・・あぁぁ創刊号をみる限りはね・・・これだけでうまいこと完成品ができあがるんだろうかってぇ不安が残りますな。

まぁまぁ、今は趣味なんぞに現(うつつ)を抜かす余裕はありませんから、杞憂なんだけれどね。


とりあえずは2年後の娘の二十歳の誕生日に、なんか作ってやれればいいなぁ・・・と夢見るのでした。





by obakeland2008 | 2019-02-19 19:57 | | Comments(0)
トホホな読書・・・。
最近はとんと本を読まなくなったんだが、きのう今日とモリモリ読書をした。

今日かりてきたのはこれです。
d0150949_00050838.jpg
昨日借りたのはこれね。
d0150949_00053712.jpg
そうです・・・さくらももこのエッセイばかり。もう読み終えました。まぁね、活字も大きいから1冊20分くらいで読めるしね。あぁぁ「読む」というのかなぁ・・・。

この人の日記風のエッセイは、webで発表されたものをまとめたものみたいで、それを1000円ちょいで売るのもどうかと思うけれど、それは需要があったのだからまぁ・・・。

で、子どもさんが15歳くらいで日記風のエッセイシリーズは終わっているようですね。

随分と酒もたばこもやったみたいなんだけれど、酒のことはたくさん書かれているのに、たばこのことはちょっとしかでてこない。やっぱりたばこは印象が悪いんだろうなぁ。で、日本の社会は物凄く酒に寛大すぎるよね。


彼女の文章は、全然凝ったものではないんだけれど、きちんと状況が伝わってくるからさすがだよなぁ・・・。面白かった。






by obakeland2008 | 2019-02-17 00:22 | | Comments(0)
図書館の本に書き込みが・・・。
昨日、『足摺岬』が読みたくなって・・・観光本ではなくて古い小説ね・・・図書館で、借りてきたんですが・・・。
d0150949_19092076.jpg
見えますかねぇ。傍線が引いてあるの。まったくなぁ・・・。そのほかにも・・・。
d0150949_19120235.jpg
犯人は学生かなぁ。こんな小説、普通の人は読まないし、傍線を引く理由もないし・・・。レポートのネタだったのかも知れませんな。まっ鉛筆だったってぇのが救いで、返却するときにこの旨を告げておきました。


しかしねぇ、図書館の利用者の中にはひどい人が多々存在して、雑誌の窃盗やら切り抜きやらが横行しているようで、あきれるところでは、トイレットペーパーを盗んだり、トイレで体を洗ったりと、もう民度もなにもあったもんじゃないみたい。

まぁ、船橋ですから・・・。

いちいち統計をとると、図書館員の仕事が増えてしまうけれど、市の広報で詳細を発表したほうがいいんじゃないかい?要は税金で補填されてるわけだから・・・。




by obakeland2008 | 2019-01-26 19:26 | トラブル | Comments(0)
クロスバイクのディレイラーを調整したついでに洗車した。
ちょいと前にクロスバイクのギアのワイヤーを換えて、ディレイラーを素人調整したんだけれど、案の定不具合が頻発!!坂道で一番軽いギアに入れて漕ごうとすると、チェーンが外れるといいますか、ガクンとズレるの。危なくって、車の通る坂道は登れません。


検索すると、ワイヤーが緩んでいるとか、ディレイラーを調整しろとか、親切な方々が色々と教えてくださるので、またまた素人調整で済ませてしまいました。

まっ不具合は直ったから、大成功です・・・。


気を良くして、洗車なんかしたりして・・・。
d0150949_17161931.jpg
d0150949_17164292.jpg

洗車道具はこれ・・・。
d0150949_17171961.jpg
右は業務用のあぶ汚れ用洗剤・・・。


でもまぁ、もうかれこれ3年半近く毎日乗ってるし、スタンドはつけてないのでいつも適当に立てかけたりしてるし、安いクロスバイクなので塗装も適当だし・・・ってんで、修復不能な傷がつきまくりです。
d0150949_17205092.jpg
d0150949_17210190.jpg
でまぁ、ギアの調子を確認するのと、運動のために、無理矢理行き先を考えて、自転車にまたがりました。


図書館・・・100均・・・スーパー・・・というラインで10kmほど走ったんだが、買ったのがこれだからなぁ。先日フライパンを捨てたばかりなのに。鉄製のスキレットなんてすぐに錆びるし・・・。
d0150949_17280283.jpg


しかし、こんなのを作りました。
d0150949_17283389.jpg
「タラとジャガイモのオーブン焼き」





by obakeland2008 | 2019-01-14 17:32 | クロスバイク | Comments(0)
やっと読み終えた『64』
d0150949_19311564.jpg
そもそもこの本をAmazonの中古屋に注文したのが、2017年11月7日のことだ。

それを、昨晩やっと読み終えた。

なぜこんなに時間がかかったか・・・。うぅぅむ、この著者の文章が漢字が多くて読みづらかった、その上映画もドラマも観ていたので展開に興味が持てなかった、小説を読むという行為が楽しみではなくなっている・・・色々と理屈は後付けできますが、要は活字を追うのが辛くなってきたからですかね。


で、ワシは、Amazonで映画を前後編観て、ピエール滝主演のNHKのもビデオ屋で借りて観て、最後に原作を読もうと思い立ったんですな。

やっぱり、映画とかドラマという映像が楽でいいね。

映画とドラマ・・・どちらがいいかってぇっと、優劣をつけるのは難しいけれど好みでは映画かなぁ・・・。

主演の佐藤浩市とピエール瀧の比較では、三上の娘の顔面コンプレックスを考えると、ピエール瀧だよねぇ。それに、ピエール瀧って、黙っているだけで、顔も身体つきもでかいから、実に存在感があるし・・・。

でもねぇ、刑事部の松岡・・・広報官の三上に「この男の下で仕事をしたい・・・。」と思わせるほどの魅力的な刑事に、映画は三浦友和、ドラマは柴田恭兵・・・これで決まりですな。柴田恭兵?


まっ、また映画とドラマを観て、なんか書きますわ。でもねぇ、近所のビデオ屋が二軒とも店を畳んじまったのよ。インターネット配信・・・便利だけれど、実は不便さと紙一重・・・。




by obakeland2008 | 2018-07-31 19:51 | | Comments(0)
習志野の梅林までクロスバイクを走らせた。
習志野市に梅林があって、一度行ったことがある。

何を思ったのか、桜の開花宣言もでたのに、梅を見物に自転車を走らせてしまった。グーグルマップで調べると我が家から9km弱だから、2時間もあれば行って帰ってこられる。ちょうどいい運動になるし、途中に図書館やら、馴染みの酒屋やらが点在しているので、まっ梅はどうあれ出かけてしまった。

しかし、この梅林は京成大久保駅の近所なんだけれど、住宅地の中にひっそりと存在する、地味で小さなところなので、地図をもって出たにも関わらず、迷いに迷ってなかなかたどり着けなかった。
d0150949_16195912.jpg

そして、案の定、梅は・・・。
d0150949_16211446.jpg

で、帰りも道に迷いながらも、スーパーやら図書館やらに立ち寄って、帰宅しました。

借りてきたのがこれね。
d0150949_16223871.jpg
途中で立ち寄ったスーパーマルエーで買った鰯となじみの酒屋で購入した「紀土 純米」。
d0150949_16241155.jpg
この酒は精米50%で税込み2052円という格安価格で、実にお買い得です。まぁ旨いかどうかは好みだからなんとも・・・。ワシは、香りが少ないので、料理の邪魔をしないいい酒だと思っております。


ついでに購入した春菊(140円)を、海苔とカツ節で和えたお浸し・・・。
d0150949_16285209.jpg




by obakeland2008 | 2018-03-17 16:27 | クロスバイク | Comments(0)
三が日はウダウダと飲みながら箱根駅伝を聴いて、映画を一本と本を一冊読んだ。
ワシの勤め先は5日が仕事始めなんだが、今年は5日が金曜だから、一日だけ出社して、また3連休だ。

こんなんなら、5日も休みにして、年末年始を10連休にすれば良さそうなもんだが、他社との関係もあるからそーもいかんらしい。官公庁は律義に4日を仕事始めにしているが、政府は祝日を月曜に寄せるようなことをしてるのだから、ちょいと府令を出して、大型連休を創出すりゃいいのにな。


さて、今日新年4日は、近所のホームセンターに出向いて、色々と生活用品を購入してきた。

ティッシュペーパー10箱、シャンプーの詰め替え、弁当用のサランラップ、髭剃りクリーム・・・。

で、年始に飲みつくした獺祭の純米50も売られていたんだが、その値段にびっくりだ。ワシは正規販売店で3078円で購入したんだけれど、この全国展開しているホームセンターでは、4380円で売られていた。しかも、元値を5000円以上と記していて・・・。驚きすぎてちょいとぶれちまったがこんな感じ。
d0150949_15350584.jpg
年末に獺祭の酒造屋の社長が、全国紙に不当な価格での売買の廃止を訴えたばかりなのに・・・。もうこのホームセンターでは物を買えませんな。




で、正月に観た映画・・・。
d0150949_15431963.jpg
特別おもしろくはないけれど、淡々とした日常の描写が続いていくので、酒を飲みながら平穏に観られた。

先日、ペットの猫の総数が、犬のそれを上回ったという記事を目にしたし、、岩合何某の猫写真は飛ぶように売れているというし、以前の「なめ猫」をしのぐ空前の猫ブームだ。しかし、猫は、実に旺盛な繁殖力で、ネズミほどではないけれど、可愛い子猫も三月で適齢期になる。



で、読んだ本・・・。「逆説の日本史2」。しょーもないけれど、読み始めちまったから・・・。
d0150949_16145862.jpg



by obakeland2008 | 2018-01-04 16:15 | 生活 | Comments(0)
三日連続で図書館に行った話&高2の娘が爆発した話
11月3日・4日・5日(今日ですね)と、3日連続して近所の図書館に行った。

相も変わらず爺さんばかりで、加齢臭どころか死臭が漂っている。しかも、どの爺様も書物とは無縁そうな人生を歩んできたとしか思えんような風体をしている。まぁワシも同類ですが・・・。

他人様のことはさておき、借りてきたのはこんな感じ・・・。まずは4日ですな、カリスマ経営者の鈴木敏文の失脚を追った本は早々に読み終えたので返却しました。何の実績もない次男を取締役に抜擢したのが悪いのか、物言う株主サードポイントと裏切り者の取締役の策略なのか、創業の伊藤家の代替わりなのか、希代の経営者の鈴木は表舞台から姿を消したわけですが、程なくして次男も会社を去っているんですな。鈴木の代わりにHDの社長に昇格した井坂さんはどう舵取りをしていくんでしょうかねぇ。コンビニ再編も進む中、いつまでセブンイレブンの一人勝ちが続くんでしょうか。しかもヨーカドー・西武といった不良債権を抱えているし・・・。

まっ、昨日借りてきたのはこれです。
d0150949_18372274.jpg
右から面白かった順に並べましたが、要は専門性が高くなるほどワシにはつまらないということで・・・。

で、本日お借りしたのがこれです。
d0150949_18401225.jpg
左の本はワシの好きな「麺通団」の団長田尾さんの本です。「恐るべき讃岐うどん」シリーズは全部よみましたが、まさか船橋の図書館にこんなのが入っていたとは・・・恐るべし麺通団。

隣のはワシの好きな安岡章太郎のエッセイ。その隣奥は、これまたご贔屓の宗教学者の山折哲雄さんの直近のエッセイです。この方、とても読みやすい文章をお書きになる方で、難しいことを平易に教えてくれる碩学には感謝です。

そして、その下のは銀座の板前さん・・・もう70過ぎの御大らしい・・・の料理本らしい。どうなんだろ、ワシにも作れそうな酒のアテが載ってるかのう・・・姉妹。



でよっ、家庭争議勃発・・・。高2の娘が突然切れた・・・と、妻は言う。30年近く高校の教員をやっていたワシには今ひとつ理由がわからんの。しかも当の本人とは疎遠だし・・・。
d0150949_18535891.jpg
爆発後の娘の部屋・・・これでもワシがちょいと片づけたんだわ。その後、妻に「死ね」というラインが来たそうで・・・。まぁ「殺す」じゃなくて良かったかも。

詳細が明らかになりつつあったら、また載せますが・・・期待薄ですな。






by obakeland2008 | 2017-11-05 18:57 | こども・家族 | Comments(0)
久しぶりに本を借りてきた。
11月1日は勤め先の創立記念日で、2日は休みを入れたから、ワシは1日~5日まで5連休だ。

が、暇はあっても金がないから、ゴロゴロしながら酒を飲んで、酔ったら寝て、また飲んで・・・の繰り返しだ。

で、少しでも建設的な日々を過ごそうと、図書館に行って、本を借りてきた。しかしなんだね、平日の図書館って爺さんだらけなんだな。俺もその中の一員だけれど・・・。
d0150949_12404211.jpg
左の文庫本は、懐かしいパトリシア・コーンウェルのケイ・スカーペッタシリーズ。読んでたのはもう四半世紀も前だ。読んだことのないタイトルが何冊か並んでいたから、ちょいと手に取ってしまったの。この人の本は、最初に状況をあらかた説明してしまうんだけれど、そこにスピード感があって、読んでる方はグイグイ行ってしまうんだよな。まっ、素人でも手軽に楽しめるミステリーという感じです。

その右の『世界で一番簡単だけどカッコよくておいしい和食』ってぇ本は、ひどいタイトルなんだが、写真が多くてきれいだったから借りてしまった。「世界で一番」とは何なんだろか、いい加減すぎますな。そのうえ、「おいしい」・・・かぁ。高島さんの本だったか、「おいしい」は男が使う言葉ではないってなことが書かれたものを読んだ記憶があるけれど、ワシは「おいしい」はなるべく使わんようにしている。旨い・・・だな。

真ん中の「手づくり・・・」は、あまりに専門的で凝った内容だったので、ペラペラして終了!!

右端のはカリスマ経営者と言われた鈴木敏文の凋落を追ったもの。毎日と日経が同じ題材を手掛けているんだが、会社の没落ではなく、一個人の失脚だから、あんまり興味は沸きませんな。

で、真ん中の和食とベーコンの本は早々に返却してきました。




by obakeland2008 | 2017-11-03 13:04 | | Comments(0)