<   2011年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧
プリンターを修理に出した。
長年使っていた、と言っても3年弱だが、Canonのip4600という型番のプリンターが壊れた(9/20)から、千葉の幕張にある修理センターまで持ち込んで修理を依頼してきました。

d0150949_15482837.jpg


自動ドアをくぐると、とっても広いフロアにガードマンと受付嬢が2名・・・暇そうにしていた・・・。

そして、修理の受付はこんな小奇麗な部屋だった・・・が無人だった。
d0150949_1552946.jpg


ベルで呼び出すようになっていた・・・ってえことは普段から暇なんだな。オレのように古いプリンターを持ち込んで修理を依頼する人間は少ないのかも知れん。

まっしかし、丁寧な対応で、7~10日で修理は完了するという話だった。

問題の修理料金・・・・。
d0150949_15552274.jpg

7350円で済んだ・・・。


とりあえず普通のモノクロ印刷用にはHP社の複合機があるから不便はないんだけれど、レーベル印刷とか写真の印刷とか、を考えると、直した方が断然お得なのよ。そーゆー機能を備えたプリンターは、どーしても2万円くらいするみたいだし・・・。


さて、明日は臨時休校・・・あぁぁワタシだけ・・・で、花椒油を作ったり、食いつくしてしまったニンニク醤油の補充をしたり、と色々と画策しているのです。天気予報によると、雨の真冬日だってえから、ちょうどいいかも・・。
d0150949_1642822.jpg



昨晩は、10時過ぎに床に就いたんだけれど、目が覚めたのが12時半だった。それから、ほぼ2時間刻みの睡眠で朝を迎えた。なんでだろ・・・。酒なんて2合程度しか飲まなかった、否、飲めなかった・・・のに。



そんでもって今日のアテ・・・鳥鍋。
d0150949_1921515.jpg

鳥つくね・水菜・しめじ・・・。
[PR]
by obakeland2008 | 2011-11-30 16:12 | PC関係 | Comments(0)
今朝は起きた途端に激しい頭痛がぁぁぁ
昨日は、一週間のほとんど断酒週間の反動から購入した三本の一升瓶への安心感から、随分と大量に飲んでしまったようで・・・・朝確かめたら二本が半分になってたって合わせて一升ですか?

あぁぁぁ、一人飲みで二日酔いなんて・・・。激しい頭痛、近年稀に体験するほどの頭の痛さだった。七人の小人が、「ハイホーっハイホー~タラリラッリィ~」と頭の中で踊り狂っているってえような、陽気さは微塵もない、完全無欠の頭痛だった。小人たちが、黙々と脳味噌を食ってるってえ感じですかいのぅ・・・。


だから、朝食はどんぶり七分目にして・・・って食ったのかよっ!食いましたよ、子どものころからの習慣ですからね。さすがの馬鹿親父も、自転車には跨らなかった・・・。


で、授業は、試験前だから自習・・・てな都合のいいはずもなく、なんと『汗の贈り物』ってえ、レベッカ・ブラウンと仰るお方がものされた小説の朗読をせざるを得なくて・・・それも二クラスで・・・。物言うだけで頭がグァングァン痛むのに・・・。

しかし、授業が成立しないってえ噂の高校3年生なのに、実に静かに、そして誰も寝もせずに朗読を聴いてくれた。中でも日頃は手を焼いている向学心の異常に低い男の子が面白かったって言いにきたり、日頃はキャピキャピして軟派な女生徒が「泣きそうになった・・・」り、それなりの効果はあったみたいだ。


まっ作品がエイズの末期患者が主人公で、生徒たちにはそれだけでも衝撃的なことだったからかも知れんが・・・。


しかし、この作品が1996年に書かれたもんだから、今ではエイズも発症を抑えられるし、HIVのキャリアも普通の日常生活を送れるってえこととか、12月1日が世界エイズデーだとか、初めてエイズが公表されたのが1981年のことだとかってえ、説明も振っておいたのよ。何たって無知な子どもたちだから・・・。


で、仕事とは別に色々と塩梅をしなければならないことがあって・・・。

まずは、壊れたプリンター・・・Canonのip4600。年賀状シーズン到来の前に直しておかないと、と思って修理センターに電話したら、修理は10日で済むんだって。明日持参するから、年賀状の印刷は余裕だな。修理代金は一律8500円だったか・・・。修理不能の場合はもちろん無料らしい・・・さっすが天下のCanonだ。しかしなぁ、インクで儲けるのはやめてほしいのぅ・・・。10mlか15mlか知らんが、あんな小さな入れ物に入った液体を1000円近くで売るってぇのは正気の沙汰とは思えん。プリンター業界も、インクで儲けるってえ横並びの思想から脱却した、斬新で正直な企業が出現して欲しい。

プリンターの本体は高いけれど、保証は充実、そしてインクは実に安価だってえ・・・プリンターの王道をゆく会社はないのか・・・?


それから、2階の洗面所の蛇口の修理・・・ポタポタと水が漏れる・・・。TOTOのHPを見たら、なんでもコマってえのがイカレテいるとか・・・。ところが、そのコマというのが13mmと15mmと、サイズが2種類あるじゃ・・・ノンに花束を・・・ん。TOTOの代理店に電話してしまいましたよ。受付の女の子が仰るには、担当の者が出ているから折り返し電話をくれるって・・・。で、電話をいただいた担当の方が実に親切な人で・・・「あぁぁ、それならホームセンターで売ってるコマで大丈夫ですよぉ。取り換えも簡単ですから~。」だって・・・。

ありがとう~。船橋の「水彩工房」!中央ホームサービスさん~。

そうゆーわけで、買ってきたコマ・・・。200円。
d0150949_17583752.jpg

修理は明後日の予定・・・もちろんブログに載せますわ。



今日のアテ・・・って・・・懲りないのが酒のみでぇ。
d0150949_1833698.jpg

ええっと・・・鳥鍋なんぞを・・・。

こんな感じで・・・。生姜のすりおろしに塩だけ加えたシンプルな鳥のつくね・・・の素。
d0150949_1845687.jpg

[PR]
by obakeland2008 | 2011-11-29 18:17 | 生活 | Comments(0)
やっと酒が飲めた・・。
酒なんて、飲まんでも生きられる。イスラムやモルモンの人々は、多分一生涯酒を口にせんだろうし。しかるに、如何にして我は酒仙の犬となり果てたか!って透谷じゃないんだから・・・そんなに気張らなくても・・・。


まっとにかく、先週の断酒週間の反動で、今日は酒を買いこんでしまった。まるで、震災後に愚かな人々が買いだめに走ったような塩梅だ。

買い求めた酒・・・酒・・・酒・・・。と言ってもすべて半額かそれに近い安売りのものなんだが・・・。

一番お安い580円の富久娘・・・ええっと一升ですよぉ・・・超熱燗のヒレ酒用。
d0150949_1911146.jpg


そして、1100円の羽州の杜という山形の酒、普通に飲むために購入・・・・旨ぐねっ。
d0150949_19132013.jpg



でもって、お高い純米酒・・・なんと精米歩合50%のツワモノ・・・最初の一杯用・・・1940円。
d0150949_19144387.jpg

これはぁぁぁ、普段は3880円もするんですかぁ・・・・値段を訊いただけで鼻血が出そうな・・・。


で、ヒレ酒・・・ミルクパンでヒレ酒。
d0150949_19184868.jpg

トラフグって偉大ダス・・・ヒレだけで格安の酒に命を吹き込んでしまう。


そんでもって、アテ・・・あぁぁスーパーを何件も回ったのに、なんにもなかった。実に不毛の夕方。

d0150949_19212640.jpg

死にかけていたキハダマグロのクズ・・・半額の170円じゃなかったら手を出さない。鍋にしようかと思ったんだけれど、酒を、一刻も早く口にしたくて、そのまま食ってしまった・・・って、アル中なのかのぅ・・・。しかし・・・不味すぎるって。


そして、こっちも半額の150円で購入したアサリ。
d0150949_19241781.jpg

もうじき蒸される運命なのに、塩水で寛(くつろ)いでいるところ・・・。

そして蒸された完成形。
d0150949_19391230.jpg




今日の読書は・・・また久女。
d0150949_1939435.jpg

すんげぇ読みづらいから一度は挫折したんだわ。どっかの中学の先生で、俳句のたしなみがあるお方が昭和62年に書いた本。
[PR]
by obakeland2008 | 2011-11-28 19:41 | 生活 | Comments(0)
バッカじゃなかろか、『恩師の条件』・・・。
きのうは結局、鼻水をすすりながら本を読み続けた、試験も作らずに。

小谷野さんのと、杉田久女のと、『恩師の条件』という、例の灘の橋本先生のことを書いた本を、夜中の2時すぎまで、酒も飲まずに寝床で読んだ。

フジテレビの黒岩祐治という御仁が書いた『恩師の条件』と言う本は、しょーもない代物だった。こんなもんは出版してはいけないんじゃないか?


まぁ、表紙の副題だかなんだか知らんが、「あなたは『恩師』と呼ばれる自信がありますか?」ってぇ一体何なんだ?自分の恩師の思い出を書くのに、なんでこんな偉そうな物言いをしなくてはならんのだか分らん・・・。


でよ、序文がまたわけの分らん文章だった。面倒だが、ちょいとスキャンしてしまったから、見てよ。
d0150949_21182124.jpg


「・・・教師とはまことにお気の毒な存在と言わざるをえない。・・・」
「私としては親の責任、家庭内教育の重要性こそ訴えたいが、責任放棄した親の尻拭いまでさせられているというのが現状であろう。」


はぁ?教員を馬鹿にしてんのか?と言うよりはこいつは文章として変だよ。

もうちょっと序文から・・・・。
d0150949_21244588.jpg


もうこれって支離滅裂だって・・・。どーやったら「教師と生徒が真正面から向き合い、心が通じ合える関係に」なれんだよ。教えてくれもしないで、「キーワードは『恩師』である。」って、気が触れてんのか、この人。

この黒岩ってえ親父さんが、新橋かどっかの居酒屋で・・・あぁフジだからお台場か・・・酒でも飲みながらこんな馬鹿丸出しのクダを巻いてんなら話は分らんでもないがなぁ・・・。活字にしてしまうのはどーなの?ご著書の中で、橋本先生の授業で文章を鍛練したって書かれてあったけれど、いい歳してこんなものしか書けんのじゃなぁ・・・。


そんで・・・この序文の結びのお言葉が・・・。

「それが、教師のみなさんに何らかの指針となり、日本の教育を立て直す一里塚になることを願ってやまない。」だって・・・。夜郎自大っつうか、夜郎の王さまだって恐れをなして逃げ出すような馬鹿さ加減だ。


それに、表紙をめくったところにも、こーゆー文言が・・・。
d0150949_2139566.jpg

ホントっ何さまなんなんだか。あんまりアホ臭いから、読んでしまった。


中身も噴飯ものだった。これじゃあ・・・橋本先生は贔屓の引き倒しじゃねぇかってえミスばかりだった。

この本の中には、思い出話のついでに、この人が受けた授業の内容や課題なんぞも載せられているんだけれど・・・まっ色々と突っ込みどころ満載なんだが・・・橋本先生は「長恨歌」の暗唱を中学生に課したらしいのよ。ひぇぇぇっ、七言(漢字七文字)が120句の大作・・・。それを、成し遂げた同級生がいて、その方は世界的な医者になったんだけれど、若くして病に倒れたという悲しいエピソードまで添えられていて、なんと「長恨歌」全文が書き下し文と一緒に掲載されていた。

それって・・・必要ないんじゃないかい?しかも、それが酷いんだよ。まぁ見てよ。
d0150949_21512257.jpg

分りますか?一文字足らない句があるの・・・。

漁陽鼓動地來


ちなみに書き下し文は、「漁陽の鼙鼓 地を動かして來り。


この本の書き下し文は酷い・・・酷過ぎる。

漁陽の 鼓 地を 動もして 來る」って・・・。

どうやって読むんだよ、これ。「地を・・うごもして・・・」?あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ、ひょっとしてぇ・・・。

「動もすると」・・・って読んだのか?「ややもすると」ってえ漢文の読み方があるんだが・・・。それじゃ、意味不明どころか、無茶苦茶じゃあん。

他にも、いちいち文句を連ねるのも馬鹿臭いから、画像だけ載せときますわ。
d0150949_223241.jpg

d0150949_2233743.jpg

d0150949_2234893.jpg


これなんて二文字も足りないんだぜぇ。
d0150949_224167.jpg



こんな杜撰なもんをよくもまぁ出版したもんだわ。定価が1500円+消費税・・・1575円。でよ、ネットで検索したら、レビューとやらで褒めてる馬鹿ばかり・・・。馬鹿は馬鹿を知る・・実に深遠な世界だ。





まぁ、その他の二冊が実に素晴らしかったし、この本も別の意味で楽しめたし、目出度しめでたしと言うことで~。


寺岡さんという女医さんがお書きになった天才女流俳人杉田久女に関する本は、所々文章に瑕疵はあるものの、実に示唆に富んだものだった。

精神を病んでいたのは、久女ではなくて虚子の方だ。異常なまでの肉親贔屓と偏執症ぶり。彼が懸命に庇護しようとした娘の星野立子、歴史に淘汰されてしまっている。いずれまとめて載せる予定、これは確約です。



そして、今日も飲まずに、地道に試験問題をすべて仕上げた。

古今和歌集・仮名序・「春の日のかげり」・「汗の贈り物」・・・四種類。
[PR]
by obakeland2008 | 2011-11-27 22:15 | 悪口 | Comments(0)
風邪ひきの一日
どーにもベッドから起き上がれなくてうだうだとしていたら、なんと10時を過ぎてしまった。昨晩は、寒さで震えながら布団にくるまって本を読み続けていたと言っても、夜中の2時には寝に入ったから、8時間も寝てしまったことになる。寝続けたわけではなくて、断続的な睡眠だが、それでも寝た感じはする。

そして、へんてこな夢を見た。

カラオケボックスをはしごする夢・・・。それも、歌いたい歌がないから、次から次へと廻るんだけれど、どこにも入ってなくて、とうとう歌えないってえ、実に疲れる夢だった。

その探していたのが、ひろみ郷の「ハウ メニー いい顔」だったから、一日が実に脱力感に富んでいる。



どーにも本格的に風邪をひいたようで、悪感はするし、鼻水は止まらないし、全体的にぼーっと霞んでいるし、ってんで、仕方がないから灯油を買いに行ってファンヒーターを点けてしまった。

あぁぁ所持金は、妻に借りた500円で購入した酒代の残りが100円だったから、112円。12円からほぼ十倍になった・・・。が、所詮は112円。

どーやって灯油を?それはぁぁぁ・・・。カード・・・。現金決済のVISAカードなのに、近所のスタンドで使うと、請求が一週間後にやってくるってえことが以前あって・・・そいつで10リットル購入。非常事態だからと自分に言い聞かせて・・・・ちょいと車で。


そのついでに、図書館まで予約した本を受け取りに自転車を走らせた・・・んだけれど、ホントに生き倒れになるかと思ったほど辛かった。

そんな思いで借りてきたのがこれ。
d0150949_23134471.jpg

前々から読もうと思っていた小谷野敦の『すばらしき愚民社会』。色んな馬鹿がけちょんけちょんにめった切りされていて小気味いいのよ。

こんな素敵な見出し・・・。
d0150949_2319455.jpg


大学生の学力低下が色々と話題にのぼる昨今だけれど、今からほぼ10年前に書かれたこの文章でもさんざっぱらそのことに触れられている。しかし、昭和30年には52万人だった大学生が、2001年には270万人に増殖しているんじゃ、仕方がないんじゃなかろうか・・・。

オレの卒業した國學院という二流半の大学だって、付属高校から上がってきた奴らを中心に、碌に本も読んでない、馬鹿ばっかりだったし・・・。あぁぁ今はどーだか知りませんよ。30年前の思い出話。で、恐ろしいのが、その箸にも棒にもかからないような馬鹿が、いっぱしに教員面して全国に散ったってえ・・・。

それでも、オレの出た大学は、比較的まともな国語の教員を育てることで有名だった・・・今はどーだか知らんが・・・。



話がズレてしまったが、本当は来週に迫った定期試験の問題を作らなくてはいけないんだが、一日読みふけってしまった・・・と言うのは真っ赤な嘘で、ウダウダとネット麻雀をしながら読み続けたのでした。



そんでもって、右の『恩師の条件』は、例の『銀の匙』で授業をなさった灘の先生の教え子の方がお書きになった本で、こちらは当分後回しで~。



そして、晩飯・・・家人が拵えた「けんちん汁」と「アサリ飯」
d0150949_23482814.jpg



さっき、息子が書斎にやってきた。小づかいをせびられる・・・あぁぁねだられる・・・と身構えたら、英検3級に受かったという報告だった・・・。が、やっぱり真の目的はご褒美だった・・・。
[PR]
by obakeland2008 | 2011-11-26 23:51 | 生活 | Comments(0)
イナゴの佃煮をもらった。
きのうがふぐ鰭と瓶詰めのウニ、そんで今日はとうとうイナゴの佃煮だって・・・。金欠で・・・あぁぁ金欠というのも気が引けてしまうが・・・所持金12円の非常時に酒を呼ぶものばかりが集まってくる。

昼過ぎに社会科のHさんが国語科にやってきて、「イナゴ食べない?」ってくれた・・・ガルボ。
d0150949_18261910.jpg

こんなにたっぷり・・・。むかしはゴキブリみたいで好きじゃなかったんだが、今では全然平気・・・なのに、イナゴの方がお高くなってうかつに手が出せない。


まっ虫ですよ。100g400円~500円のとっても高価な虫。
d0150949_18305379.jpg

ちょっと甘い・・・佃煮だから当たり前か。川エビみたいに塩炒りしたら不味いのかのぅ・・・。






昨晩は、どーにも我慢がしきれなくて、とうとう妻に金を借りて・・・はいはい500円ですが・・・コンビニでカップ酒を購入してしまった。

で、ふぐのヒレ酒~。
d0150949_19064.jpg

本物のトラフグだった。香ばしいことこの上ない。ウニも開けてしまったし・・・あぁぁ封を切ったと・・その後はちびちびと。おかげで、夜中から飲み始め、久しぶりにソウルのミュージシャンとチャットを飛びかわしているうちに2時を回ってしまった・・・と言っても飲んだのは3合ですが・・・。

しかし、ヒレ酒の作り方をwebで調べると、じっくり焼いたヒレを超熱燗に入れたら蓋をして1分、そのあと火をつけてアルコールを飛ばすとか、書いてあった。それは・・・、限りなく「ふぐ鰭の出し」に近いかと・・・。オレはちょいと熱めに燗をつけたのに入れて飲んだんだが、とてつもなくいい風味がして、コンビニで買った糖類・酸味料入りの「沢の鶴 丹頂 1.5」とは思えん味わいだった。


今朝は、ここ数日来、体調が悪かったのが、さらに悪化したようで、鼻水が止まらない状態。しか~し、果敢にも自転車に跨った・・・と言うのは嘘で、散々迷った末に自転車を選択した。すぐに激しく後悔したのは言うまでもない・・・トウチン。

まっそーゆーアタクシへの御褒美だったのか?
d0150949_2051234.jpg


そして、帰り・・・。惜しくも、雲隠れ・・・。
d0150949_2051359.jpg



でよ、今日の距離・・・。47.2km。トータル9119km。あと881kmで憧れの10000km・・・。残り36日。
d0150949_20555177.jpg

1日平均24.5km・・・限りなく無理っぽい数字。


あぁぁ体調が悪い・・・。鼻水は出続ける一方だし、とてつもなく寒いし・・・。本格的に風邪で寝込みそうな気がする・・・。テストを3種類も作らんとならんのに・・・。

しかし、食欲だけはいつも以上にあった。案外平気なのか?
[PR]
by obakeland2008 | 2011-11-25 21:07 | 食べもの | Comments(0)
フグ鰭と瓶うに
貰った。誰に?女生徒に・・・。いいんだろかい・・・・?

誕生日にブリ大根を作ってやった・・・ちょっと変わり者の文学少女に呼び止められて、貰ってしまった。よく分らんのだが、親父さんが山口で働いているとかってえ話で・・・。ご本人も長州の産だってんだが、なんだって親父さまがそのままで、家族が脱藩して千葉くんだりまで流れてきたのかがよう分らんのよ。


まっアタクシのアテのレベルからすると、ちょいと高価な部類に入る瓶詰めの粒うに・・・。自分では絶対に買わない代物だから、嬉しい。
d0150949_22351513.jpg


そして、無造作にビニールのジップに入れられたふぐ鰭・・・。
d0150949_2236936.jpg


あぁぁ、かるぅ~く炙って、熱燗に入れたいのぅ・・・・。何年振りだい?ヒレ酒なんて・・・。

脇役が揃ったのに、主役が買えない・・・相も変わらぬ12円。



酒を断って三日目・・・。否、月曜は一合しか飲めなかったから、ほぼ四日目と言ってもよかろう。別に禁断症状はないんだが、別段体が軽くなったとか、頭が冴えたってな自覚もない。ただただ酒が飲みたいと思うだけで・・・。あっ?これって・・・禁断症状って言うのかい?



さて、今日は色々と女生徒たちの話を聞いた一日だった・・・。それも、校則違反の常連の女の子たち。と言っても、ちょびっと化粧をしたり、スカートがワカメちゃん並みに短かったり、ちょいと遅刻と欠席が多かったりする程度の可愛いもんなんだけれど・・・。いやいや、痛烈な学校嫌いといいますか、教員嫌いといいますか・・・。彼女たちが口をそろえて言うには、アタクシは数少ないまともなセンセーに分類されてるそうで。スカート直せとか、化粧をするなとか、そーゆー「うざい」ことを口にしないからかなぁ・・・と呟いたら、どーにもそーゆーのが理由ではないらしい・・・。「人間的に信頼できる!」んだって・・・あぁぁ人生50年で初めて言われた言葉だ・・・。彼女たちは、何かを・・・それもとても大切な何かを、根本から勘違いしている・・・。


で、ついでに聴いた面白い話・・・。

彼女たちが、どっぷり日が暮れてから、学校の最寄りの駅でたむろしていたら、知らない親父がすすっと寄ってきて・・・「君たちスカート下ろしなさいっ!」って言ったんだとか・・・。

まっ非常に勤務に忠実なセンセーが、帰宅途中に見かけた異常なまでにスカート丈の短い勤め先の生徒たちを見つけて注意を与えたんだろうか・・・。校外で、しかも夜半だったから、一歩間違えたら、傍から変態親父と思われる可能性がなくもないよな・・・。

男性教師が、校外でスカート丈の指導を単独で行うのは、指導の効果よりもリスクの方が大きいと思うんだがなぁ・・・。


そして、別のどちらかと言うと真面目な女生徒が、「ストパ」なんだってさ。ストレートパーマ・・・これって実に矛盾を孕んでいる言葉だ。パーマなのに生徒指導の対象にならないってえところにも矛盾がある。



そんでもって、オレは、10時40分から応接室で副校長と面談をした。20分間。別に訓告とか懲戒とかではない。随分とおほめのお言葉をいただいたんだが・・・。



あぁぁ、飲みたいのぅ・・・。ヒレ酒かぁ・・・。
[PR]
by obakeland2008 | 2011-11-24 23:46 | 食べもの | Comments(0)
結婚生活18年目に突入・・・。
今日は、目出度いのかそうでないのか、結婚記念日で、だからといって、特別なイベントはない。息子は昼から塾に6時間の自主勉強に行き・・・これが無料だって・・・娘は友人と遊び、妻はテレビの前でゴロゴロして・・・。

オレ?あぁぁ相変わらずの所持金12円・・・。午前中は洗濯と掃除と読書、午後は図書館めぐりでちょいと10km程度の自転車乗りと読書だった。酒が飲めないから、アテを考える楽しみも、スーパーを廻る楽しみも、夜を迎えるウキウキ感もまるでない、実に間延びした一日を過ごしている。


そんで、借りてきたのがこれ・・・。一巻だけは読んだ記憶がある『恨ミシュラン』。
d0150949_1929144.jpg

とりあえず、すべてに目を通したんだが、無茶苦茶読みづらかった。

本の体裁がさぁ、上がマンガで下が文字。そもそも西原のマンガ、好きじゃないし・・・。むかし、パチンコ雑誌とか麻雀雑誌とか、ギャンブルにハマってた頃によく読んでたから、彼女の周りの「内輪」の話にもどーにかついていける感じなんだけれど・・・。
d0150949_19325052.jpg


まっしかし、料理というものは実に本物とニセモノの区別がつけづらいようですな。並みはずれた卸値の素材を使えば不味くなりようがないけれど、ちょいと手を加えたものには職人の腕の差が出てしまう。しかしなぁ、その職人の腕の差なんて、子どものころからまともな物を食い続けて、舌が本物の味を会得した人間にしか判断できんて。


それに、コストと味の関係にしたって、カジノで100億も使う人間と、一週間を12円で過ごす馬鹿とでは、比較するのもバカバカしいほどの差があるし・・・。実際に、オレは、巷のラーメンが700円でも高くて食わんしなぁ。『あぁぁ700円?スズキがまるごと買えるかも知れん・・・。ここは我慢して夜のアテに回そう・・・。』とか・・思ってしまうのよ。

まっそんなことをほざいていたら外食なんて出来なくなってしまうんだが・・・。

話がズレてしまったが、人間の味覚と言うのは信用できんということで・・・。

それに加えて、人間の味覚以上に信頼のおけない匿名性に支えられたネット社会。その二つがドッキングしたのが、食い物屋の評価サイトというやつで、実に胡散臭い。「口コミ」っていったって、ネットに流された時点で、口コミの要素は雲散霧消して、ただの流言飛語の群れに化してしまうのに。

口コミってえのは、「昨日、兄ちゃんが具山浩飯店のブリ大根が無茶苦茶旨いって言ってたから、行ってみようよ。」とかってえのが、次から次に「評価した人物への信頼」とともに広がっていくから、ある程度の信ぴょう性を獲得するわけでねぇ。


今話題になってる「食べログ」ってえサイトの件にしたって、さもありなんってえ感じだよな。オレは、「食べログ」の代理店とか、店舗会員有料サービスとかってえのがあるってえのも初めて知ったんだわ。

それから、こーゆー「口コミ」サイトへの書き込みサービスをする会社もあるっていうし・・・。まっそんな会社を通さなくても、ネット環境さえあれば、と言いますか、携帯電話さえあれば、自分の店のPRを書き込むだけではなくて、ライバル店へのネガティブキャンペーンもできるしな。


まっ、と言うわけで、アタシャ自分で食いたいものを食いたいように、飲みたい酒を飲みたいように、自分の経済の許す範囲で楽しみたいんだわ。でも、そんなささやかな願いも拒絶する・・・12円。
[PR]
by obakeland2008 | 2011-11-23 20:13 | 生活 | Comments(0)
酒が飲めん・・・。
相変わらず所持金は12円だ。書斎には、パスタも素麺もラーメンもうどんも・・・あぁぁ乾麺ばかりか・・・あるし、家人が惣菜と飯は用意してくれるから、食うには困らんのだが・・・。肝心の酒が飲めん。


妻にいくらか融通してもらうことも考えたんだが、あいにく今日は「いい夫婦の日」だそうで、そんな日に夫から金をせびられるのも気の毒すぎる。

じゃ・・明日?明日は・・・結婚記念日・・・。金の無心なんてできるはずもないって・・・。


あぁぁぁ酒が飲みたい・・・ってアル中かい?


仕方がないから、夕方はココアを淹れて飲んだ・・・うぅぅぅむ甘かった。


しかし、今日は目覚めると実にすばらしい秋晴れで、迷わず自転車に跨った。途中で、今日から展望台の団体見学の予約を始めたというスカイツリーの写真を撮った。634mかぁ、それにしても不格好だ。こんなんじゃ、モスラだって近寄らないはずだ。
d0150949_21201011.jpg

高いところが苦手なオレには無縁の場所だ。


明日の祝日は、とりあえずは予約した本を図書館に借りに行ったついでに、何冊か料理の本を見繕って、金が入ってから拵える料理のリストでも作成するかのぅ・・・テンメイ。あぁぁわびしい・・・・。


と、言うわけで今日のアテ・・・あるわけがありませんがな。
[PR]
by obakeland2008 | 2011-11-22 21:28 | 生活 | Comments(0)
アテのない日々
昨日に引き続き所持金は12円だ。

だから、アテどころか酒も飲めん。あぁぁちょびっと飲んだ・・・昨日の量り売りの焼酎の残り・・1合程度をちびちびと・・・。実に「呼び水」だった・・・。


で、そーゆー窮状を知るはずもないのに、放課後の国語科に女生徒がやってきた。

「センセー、紅茶とか飲む人ぉ~?」

「一応、淹れ方は知ってるが・・・。」

「ホントっ?じゃっこれあげるから飲んで~。」と言い捨てて、風のようにドタドタと去って行った。
d0150949_18275617.jpg


酒の代わりに飲む?しかしなぁ・・・。こんなもんを夜飲んだら寝られんで苦しむのは火を見るよりも明らかだ。


昼休みに国語科に単独乗りこんできた女の子・・・ソウルのミュージシャンの御近所の娘・・・。

「センセー、あたしね。明日お誕生日なの・・・・。11/22・・・さそり座・・・。」

「ふぅぅぅむ、何が欲しい?なんか作ってやろうか?」

「ええっとねぇ、センセーとの思い出アルバムが作りたいっ。」

恐ろしくて詳しくは訊けなかった・・・。深沢方面って変わった人が多いのかしら・・・?



さて、先週の話・・・。現代文を教えているクラスの担任が、「和田が、魚を捌いてて包丁で手の筋まで切ったらしくて、欠席してます。」と・・・。

でよ、今日の授業に、ご当人の姿・・・右手に添え木と包帯をしていて実に痛々しい・・・があったから・・・。

「おぉぉい、和田ぁ~。一体どんな魚を捌いたらそんな深手を負うんだぁ?」と尋ねたらぁ・・・。

「センセー、実は包丁ではなくて・・・日本刀なんです。」ときたもんだ!!

「はぁ、日本刀?刃はついてんのかい?」

「はい。居合をしていた祖父から譲られたもので、手入れをしていてちょっとてが滑ったらこの始末です。」

「もしかして・・・おじいさんは鹿児島の?」

「そうなんです。」

「あぁぁぁ示現流の使い手・・・。そいつは凄い。」

まっ色んな高校生がいますな。




さて、読み進めている中沢新一の『精霊の王』におかしなルビを発見した。
d0150949_18405343.jpg

「しょうそ」とは読まんだろう・・・。まさか日本を代表する宗教学者の中沢さんがこんなルビをふるわけがないから、出版元の講談社の校正係りがよく調べもせずに勝手にでたらめなルビを振ったんだろう。

それとも・・・仏教用語では、こんな無茶な読み方をしているのか?
d0150949_1844128.jpg


気になるから問い合わせてみようかのぅ。筆者と出版社とに同時に・・・。
[PR]
by obakeland2008 | 2011-11-21 18:50 | 生活 | Comments(0)