人気ブログランキング |
<   2011年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧
引きこもりの一日
諸般の事情できょうも休みだった。それでも、そんなに寝ていられない私はそろそろ老人か・・・。7時前にはもそもそ起きだして飯を食った。


で、九月の出勤日を数えたら・・・15日だった。それだって、午前中だけという日が多かったし・・・。


今日の千葉県北西部は、天気晴朗なれども波非常に高しってえ塩梅で、おまけにじめじめした暑い一日だった・・・らしい。推測でしか語れないのは、一日中書斎にいたから・・・。PCの前で、全国各地の引きこもりの少年や退職した老人たちとネット麻雀をし続けた。そして、負け続けた。なぜだかケツばかり引き続けた。


そして、やっとふんぎりをつけて自転車に跨ったのが昼下がりをとうに過ぎた3時過ぎのことで、向かったのがビデオ屋だってぇから、心底の馬鹿だ。


借りてきたのはこの三本。
d0150949_16374097.jpg

本命は、『ハリケーン』。ルービン・カーター。ボブ・ディラン・・・あの切ないジプシーバイオリンの響き。何度も観ているんだが、ある日ある時突然発作的に観たくなる。

右は、けっこう好きなハン・ソッキュが出演していたから借りてしまった韓国映画、『目には目、歯には歯』という犯罪もの。例のサッカーの試合の垂れ幕事件で、オレも怒りに震えているから、ちょいと韓国とは距離を置きたいのに・・・。しかしなぁ、ホントにひどい。あいつら、日本相手なら、反日ならなんでも許されると思っているらしい。なんで、あんな国を併合しちまったのか・・・。ほっといて勝手にロシアの属国にさせとけばよかったのに・・・。


真の日韓友好は、日本がどれだけの金額とインフラと手間を韓国に施したのかを正確に韓国政府が国民に知らしめることと、日本の左巻きの馬鹿が冷静に事実を学ぶことからしか始まらない。

外国人に参政権?どこの気違いがそんなことを思いつくんだろうか・・・。


左の『小さな命が呼ぶとき』ってえのは・・・なんなんだい?この邦題は?ダサすぎねぇか?



そんでもって、今晩のアテは・・・昨日と一緒。
d0150949_16584494.jpg

焼いた油揚げを加えただけなんだが・・・。旨い。



でよ、車が壊れちまった。
d0150949_171056.jpg


一昨日から、異常なエンジン音で。ええっと、昔の族車みたいな爆音が響くようになって、うるさくて。で、これを売った長年懇意にしている車屋に持ち込んだのよ。これは昨日の話で。


今日そこの社長から電話があって、マフラーが割れていたって・・・。修理代、21750円・・・工賃込み。


思ったよりは安い、しかし、実に痛い出費だ。
by obakeland2008 | 2011-09-30 17:11 | 生活 | Comments(0)
牛蒡の出し煮とイワシのサンガ焼き
きのうの夜、分とくやまの野崎さんがお書きになった『野崎洋光の圧力鍋でおいしい和食』という本を眺めていたら、無性に牛蒡が食いたくなった。

幸いにも今日は休みだったから、ふらふらと牛蒡探しの旅に出た。というのは真っ赤な嘘で、図書館に『五輪書』を借りに行った折に通りかかった八百屋の店先に出てたから、思い出して買ってしまったのさ。105円の値札に150円を出すと親父さんが50円返してくれた。ちょいと嬉しいやね。
d0150949_17362685.jpg



しかし、お目当ての武蔵の本は、またもや手に入らなかった。船橋市の図書館は26日から30日までの長期休業なんだって・・・。と言っても職員の皆さんは忙しく仕事をされているんだけれど。


いつになったら読めるのか・・・五輪書。土曜日には必ず・・・。そー言えば、今朝の読売の編集手帳では「万理一空」で解説が加えられてあった。そのうちにまとめて載せるダス。


で、肝心の牛蒡の出し煮なんだけれど、出しを引いて5cm程度に切った牛蒡を圧力鍋で煮るってえのは分るんだが、その下処理の仕方が分んないって・・・。たわしで洗って、包丁の背で軽くしごいてからまた軽く洗えって・・・分んねえよ。

だから、そこのところは適当に・・・。


そんでもって、こーゆー感じで。
d0150949_17462247.jpg

出しとか調味料の塩梅は、後でまとめて載せますが。


実は、きのう購入したイワシが三尾残ってて、しかもワタの処理なんぞもせずにそのまま保存していたから、ちょいと生で食うには難しい。だから、サンガ。三枚に下ろして皮をひいたら、腹骨もすかずにそのまま小骨ごと叩きまくり。そして、ネギ、大葉、生姜なんぞの薬味とちょっとの塩で和えるだけ。
d0150949_17502093.jpg


そして、バットにアルミを敷いて、油をなぞって、こんな感じでオープンに。
d0150949_17525366.jpg

片面5分くらいで裏返して、また5分くらい・・・だったか。つなぎを使ってないから結構崩れやすい。


あぁぁ牛蒡とイワシのコラボレーション。やっと完成。
d0150949_17552685.jpg

こんなに、思った通りに仕上がるなんて・・・。昨日あたまの中でイメージしていたまんまの色合いと味付けでございました。


ちなみに出しは、500ccの水に、5cm四方の利尻昆布に切れ目を適当に入れて、20分程度ならしてから、火にかけて、あぶくが立ち始めたら昆布を引き上げる。少しの追い水を追加してからカツオ節ひとパックを投入して1~2分で濾して出来上がり。


牛蒡の出し煮の詳細はこれです。

d0150949_1815028.jpg

d0150949_182273.jpg


文章にすると色々と手間がかかっていそうだけれど、実はとても簡単で、手間をかけた以上の旨さが味わえる。

例によって、原価計算~。

イワシ・・・3尾で104円。

薬味・・・大葉3枚20円。ネギ一本59円の1/4だから15円。生姜は見切り品40円の1/5だから8円。

牛蒡一本100円。

利尻昆布100円くらい。カツオ節10円。

合計・・・357円なんだが、この完成品の画像は、イワシが2/5.牛蒡なんて1/5だから・・・。100円だな。


牛蒡・・・食うべし!と言いつつ・・・。牛蒡の旬はぁぁ、4~5月と11月だって・・・。そして、太いものよりも細身の方が旨いそうで・・・。
by obakeland2008 | 2011-09-29 18:22 | 料理 | Comments(0)
久しぶりにイワシの刺身をこしらえた。
近所の格安スーパーに出向いたら・・・イワシが安かったから買ってしまった。6尾で207円。

実は、図書館で宮本武蔵の『五輪書』を借りようと自転車にまたがったんだが、休みだった。そー言えば毎月28日は休みだったことを思い出した。

なぜ、そんな本を?そうです。日本人としては何年かぶりで大関に昇進した相撲取りが、その口上に述べた「バンリイックウ」という四字熟語の元々の文字をこの目で見たかったから。

件(くだん)のお相撲さんは、「万一空」、前々からこの言葉を好んで色紙に書いていた元投手の桑田さんは「万一空」・・・。

意味から推測すると、お相撲さんの使った理科の理はちょいと苦しい・・・と言いますか解釈不能だ。「すべての道理はひとつの空だ・・・」、ええっ?この世のすべての道理は空しいってことかい?

万里・・・そうです。「千里の道も一歩から」を激しく大げさにした「万里」です。どこまで行ったってひとつの空の下にいるという意味だ。そうだそうだ、絶対こっちだろう。

と思ったんだわ。せっかくの千葉県の相撲部屋の力士だからケチはつけたくないけれど・・・。親方の琴の若ってえ結構好きだったし・・・。


とにかく、そのついでに買ってきたのがイワシなのさ。
d0150949_1874513.jpg


これを三尾だけ下ろして・・・。頭とワタをとって洗ったら、一気に大名下ろしで~。これは、一度包丁を入れたら抜かずに一気にしっぽまで引き続けるというあらっぽい包丁の使い方なのです。だから、中骨に身が残りがちで、もったいない下ろし方だから「大名」の下ろし方だと・・・うまいねぇ。
d0150949_18111212.jpg



腹骨をすいたら、酢水にちょいとくぐらせて、皮をひいてそぎ切りにして出来上がり。
d0150949_18123594.jpg

ブログの画像用に気を遣って盛り付けたら二尾分しか皿にのらんかった。だから69円分だな。ワカメとレモン代を入れて・・・原価80円というところか。

飲み屋の原価率は3割程度が普通だから、これは・・・267円かぁ?さすがに、いっくらイワシでもそんな値段では出さんだろ。この半分の量で300円程度なんじゃないかい?

と、毎度毎度、実に野暮なことを書いている。

そして、今日の酒は・・・おり酒。
d0150949_18194558.jpg




そして、今日の反省~。

久しぶりに、授業で声を荒げてしまった。それが反省かと言うと、けっしてそーではなくて、怒りをその場でおさめてしまったことへの反省なのよ。教員生活で学んだこと、「怒るときは気合を入れて!」を貫けなかったから。途中で日和るくらいならはじめから怒鳴るなって・・・見苦しい。
by obakeland2008 | 2011-09-28 18:31 | 料理 | Comments(0)
里芋と豚の生姜煮を作った。
きのう購入した17個の里芋は、すべて茹でつくしてしまった。そして、気がつくと・・・なんと8個も食っちまった。こーなるともう里芋が主食だと言ってさしつかえあるまい。

で、まだ9個も残っているから、朝からずぅぅぅぅっと里芋のことを考え続けていた。歯を磨いても、里芋。朝風呂につかっても、里芋。車を運転していても、里芋。授業をしていても、気を抜いた拍子に、里芋が意識に浮かび上がってきたりした。


そして、結局は、異常なまでにレパートリーの少ない親父・・・あぁぁ普通に豚肉と一緒に煮てしまった。
d0150949_16294153.jpg



d0150949_1741090.jpg






しかし、出しは北海道は函館で仕入れた利尻昆布と近所のスーパーで買ってきたカツオ節3gパックで丁寧にとった。


出し~

水500ccに昆布5cm四方程度を入れて、泡がぷつぷつと出てきたら昆布を取り出し、水を少々加えてからカツオ節を投入し1~2分経ってから静かに濾す。


その他のレシピ

調味料

みりん・・・大匙2

砂糖・・・大匙2

薄口しょうゆ・・・大匙2

生姜・・・ひとかけら・・・半分くらいは千切りに、そのクズは鍋に投入



材料

里芋・・・今回は茹でたやつなんだけれど、ほとんどのレシピは生みたいだな。

Pマン・・・だだ単に余っていたのと緑が欲しかったから。茹でたら黄土色っぽくなっちまった。

豚肉・・・安かったからロースのスライス。144gで250円。



手順

豚肉は適当に、Pマンは千切りにして炒める。

出しに、すべてを投入して沸騰してからも10分くらい煮続ける。

盛り付けたときに生姜の千切りを散らす。



茹でて皮をむいた里芋は、煮崩れてしまうかと心配したんだが、そーゆーことはなかった。けっこう我慢強い里芋。味は・・・そうだなぁ。上品な肉じゃがってえ塩梅だな。多分、もうちょい砂糖を多めにして、濃い口醤油で煮込んだら、肉じゃがそのものになったはずだ。


そんでもって、おまけのアテ・・・。
d0150949_16573338.jpg

こちらは、レモンと麺つゆ・・・と、余った生姜の千切り。旨すぎる、このワカメ。また買ってこよ。


そして、昨日から読み始めた沢木耕太郎。
d0150949_16595850.jpg

若き日の沢木。その人柄に、思っていたよりも随分とウェットな印象を行間から受けた。

内容はこんな感じで・・・。円谷幸吉の遺書と人生が切ない。
d0150949_174796.jpg

これは、船橋市の北図書館で貰ったリサイクル本なんだが、実に得した気分だ。時代の趨勢なのか、個人の持てる運のためか、素質を開花させられなかったスポーツマンの悲哀が、時を超えて迫ってくる。あぁぁ、この文章は月並みで・・・実に上滑りしている。



さて、久しぶりに、観た。映画。『ヒトラーの贋札』。
d0150949_1782832.jpg

一昨晩と昨晩と、2度にわけて観た。そのせいか、よく分らんところがあった。いい加減酔ってたしなぁ。もう一回観た方がよいかも知れんのぅ。それよりも、原作を読んだ方が早い・・・いやいや、早くはない。が、理解度は深まるはずだ。

で、この映画自体も衝撃だったんだが、それ以上にショックだったこと。この画像の左の主人公の役者・・・カール・マルコヴィクスという人・・・オレよりも2歳年下だった、学年では3つ下。えぇぇぇぇっ、オレはぁぁぁ・・・いい年の親父なのに、こんな存在感は醸し出せん。かといって、ひょうひょうとした軽さもないし・・・。

想像を絶するナチの迫害下のユダヤ人の映画を観たのに、こんな自省しか抱かないバカ親父。終わってますな・・・というより、始まってないのか。
by obakeland2008 | 2011-09-27 17:18 | 料理 | Comments(0)
里芋を煮た。
帰りに覗いた格安スーパーに里芋が安く出ていたから、たまには食ってもいいかなぁ・・・と。ついでに、ワカメも購入。
d0150949_1735546.jpg

さっそく、里芋をバケツで洗って、鍋にかけた。しかし、けっこうな大きさで、けっこうな量だったから圧力なべを引っ張り出した。
d0150949_1754789.jpg

目安は沸騰してから15分らしい。

その間にワカメを水洗いして、三杯酢・・・出し1:醤油1:酢1・・であえて・・・と思ったけれどこんなんに出しをとるのも面倒だから麺つゆで代用。しかし、考えが足らんかった。酢と麺つゆの組み合わせで良かったのに、醤油まで入れちまった。だから、ちょいと味が濃い。良かった・・・少量にしておいて・・・。
d0150949_1785968.jpg

いやいや、それでも、このワカメ・・・旨い。お代りするダス・・・。


そして、里芋・・・できました。
d0150949_17105890.jpg

これではシンプルすぎるか?しかし、素材と塩だけってえのが一番の贅沢とも言えるかと・・・。だってさぁ、どんな具のお結びより、塩結びが一番うまいじゃん。因みにこの原価は・・・里芋が17個で182円(税込)だったから、30円くらいだな。ワカメなんて10円程度じゃないかい?


あぁぁ今日のアテはお安い・・・でも美味しい。


最近の千葉県北西部は、「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉通り・・・といいますか、「暑さ寒さは彼岸から」かなぁ・・・実にお寒いくらいの一日だった。

だからと言ってはなんなんだが・・・今日は焼酎のお湯割り。あれこれと悩んで、生まれ故郷の宮崎県は雲海酒造の「吉兆 雲海」五合で880円。
d0150949_17204270.jpg



今日のお務めは現代文がひとコマと古典が三つ。現代文は班分けで終了。古典は「古今和歌集 仮名序」・・・つまらん。この仮名序なんて本当はだらだらと長いのに、そのほんのさわりだけ昔から教科書に載ってる。



昨日、達郎のサンデー・ソング・ブックを聴いていたら、ムッシュかまやつの例の有名な曲が、丸ごとのパクリだってぇことを知った。ふぅぅぅん・・・そうだったのかぁ・・・。

by obakeland2008 | 2011-09-26 17:53 | 料理 | Comments(0)
カンパチの炙り
きのうは、カンパチの刺身のあしらいに炙った皮を添えたんだが、よくよく考えれば、そのまま炙った皮つきの刺身にすればいいじゃん・・・と、言うわけで。
d0150949_17513947.jpg

まっ例によってあんまり旨そうには写っていないけれど、素敵なお味でございます。奥の小汚いのは、二日間放置したブリの昆布〆。こちらはレモン醤油で食うことに。

カンパチのサクを竹箸で持って書斎のカセットコンロで炙ったんだが、こーゆー作業にはやはりバーナーが欲しいのぅ。しかしなぁ、書斎に料理用具ばかりが増え続けていて・・・籠城するわけではないのに・・・・。あぁぁ食材のストックはほとんどゼロだから、いざとなっても籠城はできんて。即席めんとかパスタ、調味料はあるが、水がないから、一日も持たずに白旗だな。無念だ・・・。


で、今日は・・・自転車に乗るために無理やり隣町のイオンまでコーヒーフィルターを買いに出た。
d0150949_1802250.jpg


ついでに、このあいだ購入したジレットの例のカビラが宣伝してる剃刀がいい感じだったから、またまた買ってしまった。今だけ398円。
d0150949_182514.jpg

これはぁぁ、実にスムースに剃れる。柔らかい肌ざわりで、剃刀負けをよくするオレなんだが、完璧な剃り心地だった。後は・・・耐久性だけが問題で・・・。


こんな空の、実に秋風の涼しい、自転車日和で、ちょいと15kmほど走った。
d0150949_1845519.jpg



そして、途中、また猫がいるかと思って、猫まんまを56円で買った・・・んだが、猫は不在だった。
d0150949_186069.jpg

いやいや、三連休だから、誰も餌をやってないかと・・・。まっ野性に戻ればそこらへんに餌は蠢(うごめ)いているしねえ。杞憂だよな。


昼過ぎに帰宅して、授業のプリントを作ったりして・・・あぁぁ苦手な詩だって・・・詩なんか扱わんでいいって。指導書の気取った、妙に深読みした解説なんて、詩をお書きになった作者ご本人だって、頬を赤らめるんではないかい。ホントにひどいんだよ・・・筑摩の「現代文・・・・新訂版」の指導書。どこのどなたがお書きになったんだか・・・。


さて、メーラーを開くと・・・あぁぁぁまたまたAmazonから出荷通知が届いていた。

売れたのかぁ~。古本としてはすっげぇ強気の1500円の値段設定にしておいたのに・・・。
d0150949_1818785.jpg

色川武大・長部日出雄・村松友視ってえ錚々たる書き手だからなぁ。手元に残しておいてもよかったか・・・。でもなぁ、20年ほど前の購入時に一度読んだきりだからねぇ・・・。この先も絶対に読まんて・・・。

これは、ブック・オフなんぞに持っていっても門前払いは確実の古び方だ。あそこに限らず、新興の古書店は
中身で本の値打ちを決めない・・・というよりは決められない。


これを買って下さったお方は、1500円+送料250円・・・なんと1750円も支払われたそうで。アタクシの方は、アマゾンさんが手数料を385円もお取りになって、送料に160円の実費がかかったから、1205円の実利だったわけで。この前の映画のパンフと合わせると子どもたちの小遣いにはなるかも知れん。



話はちょいと変わるが、昨日借りてきた料理関係の本はすべて目を通してしまった。今は、赤坂憲雄という大学教授の書いた『境界の発生』という1989年に出版された民俗学系の本を読んでいるんだが、あぁぁ実に理解しにくい。日本語は読めても、その意味するところが実感できんというのはストレス以外の何ものでもない。特に民俗学の本は、どーしても天才折口を引用するから、引用したご本人が未消化のまま文章にしてしまって、収拾がつかんて。この人も博識で、多分よく勉強されているんだろうが、こちらの不勉強な頭では理解不能なところが多いのよ。


もう通読はあきらめて、高島先生のご本を読む・・・か、映画を観るか・・・どーしよ。
by obakeland2008 | 2011-09-25 18:47 | 料理 | Comments(0)
カンパチを捌いた。
近所の魚屋に出向いたら、25cmくらいの小さなカンパチが360円で出ていたから、酒のアテにと買ってしまった。
d0150949_16395288.jpg


で、お造りに・・・あぁぁ刺身ですな。あしらいは、皮の塩焼き。
d0150949_164122100.jpg

なんだか、刺身が裏返しだ・・・。なぜ?

カンパチの旬は夏。大きいのは2m近くまで成長するらしい。魚屋でサクで並んでいるのはこんな小さなものとは色つやも品格も別物だ。ブリの仲間なんだが、こちらの方がもちもちとした食感で旨い。この画像が半身だから、原価は180円。


さて、捌いた手順を連続写真で~。

1.鱗と頭を落とす。
d0150949_1648854.jpg


2.ワタを取り出して、洗う・・・画像は省略。

3.三枚に・・・。
d0150949_1649287.jpg


4.とりあえず小分けして保存・・・アラも。
d0150949_16493973.jpg


ここまでは、キッチンを使ったから物の数分だった。


5.サク取りと皮引き。
d0150949_16511761.jpg

中骨は、いつもだったら毛抜きで丁寧に一本ずつ抜くんだが、今回は面倒だから切りとっちまった。


これくらいの大きさだと、実に捌くのが楽だ。なんたって、100均のまな板だから・・・。汚くなると捨てて、新品に・・・を繰り返して。


そして、今日の酒・・・二度目か?高清水の辛口。
d0150949_1743339.jpg



でもって、久しぶりに船橋市の図書館から借りてきた本と貰った本。
d0150949_1752646.jpg

奥の左は、『包丁入門』。左手前の文庫本二冊は貰ってきたもの。沢木耕太郎と山際淳司のスポーツ物で、リサイクル本。一体こんなに読めんのか?とりあえず今晩は、高島先生のご本を読んで過ごすつもり。何度も読んではいるけれど、何度読んでも面白い。読み終えたら、包丁関係の本をゆるりと読みながら眠りに就くってぇ小さな幸せ。


本日の千葉県北西部は、実に秋らしいさわやかな一日で、アタクシも訳もなく自転車に乗り続けた。走行距離20km・・・どこに行くというわけでもなく20km。そして、切り番ゲットのはずだったのに・・・過ぎちまった。
d0150949_17174190.jpg

by obakeland2008 | 2011-09-24 17:18 | 料理 | Comments(0)
ブリの昆布〆
きのう格安スーパーで購入したお安いブリのサクなんだが、三等分して、その一つを刺身で食ったら・・・旨くなかった。

で、残り二つは昆布〆にした。
d0150949_16552635.jpg


一日おいたのがこんな感じ。
d0150949_1656472.jpg



そして、珍しく気取って盛り付けたのがこれ。
d0150949_16573249.jpg

『ブリの昆布〆三色盛り』・・・1200円って高いか?原価は200円程度ですな。不味いブリでもいくらかましになるって感じで。

しかしねぇ、ブリは・・・昆布で〆ると実に美しく変身する。こんな色はマルク・シャガールでも出せんはずだ。


そして、手順・・・ええっと昆布〆の作り方はひとそれぞれで、それぞれが一番だと自負しているみたい・・・。アタクシは、大好きな分とくやまの野崎先生のご本を参考にしました。


その一・・・塩を振る。
d0150949_1774388.jpg



その二・・・塩を水洗いして水気を切る。
画像は省略。

その三・・・酢で〆る・・・10分くらいだったか。
d0150949_179133.jpg


その四・・・血合いを取り除く。
画像は省略。

その五・・・昆布でくるむ。
d0150949_17103341.jpg



で、とりあえずご本家を載せておきましょう。
d0150949_17121966.jpg

d0150949_17123380.jpg



今日は、洗車をしたり、洗濯をしたり、包丁を研いだり・・・。
by obakeland2008 | 2011-09-23 17:14 | 料理 | Comments(0)
やはり・・・妻が帰宅難民に・・・。
オレの連れ合いは、東京は銀座の会社に勤めに出ている。社員にハードな仕事を課す企業で、台風だろうが震災だろうがそんなのはおかまいなしだ。半年前の大震災の時は、ホンマもんの帰宅難民となり、仕方なく同僚の皆さんと会社に泊まった。

で、今回の台風・・・。

迎えに参上しました。まっこちらも酒は飲まずに待機していたし・・・。21時過ぎに迎えに出て、帰宅したのは午前1時だった。

最初は山手線だけしか動いていないというので、待ち合わせ場所は神田駅・・・。で、途中で京成線も動き出したから・・・国府台(こうのだい・・・あぁぁ実に地方色豊かな地名で、市川市なのよ)に変更。

ところが、上野までやっとの思いで辿り着いたのに、京成のホームはおろか駅にも入れないって・・・。


ということで、妻には悪いんだが、上野までの道順が覚束なかったから秋葉原まで戻ってもらった。


だけどさぁ・・・。秋葉って出口が多いターミナル駅じゃん・・・。オレは秋葉まで向かいながら、『あぁぁこんな状況で、秋葉の駅でうまいこと邂逅が果たせるんだろうか・・・?』とかなりの不安を抱えながら運転していた。


秋葉原の駅に車を止めて・・・あぁぁ昭和通りね・・・妻に電話して・・・。

オレ 「着いたけど、そこから何が見える?」

妻  「ええっと、高速道路みたいな高架・・・。」

オレ 「へっ、それは・・・もしかして・・・。富士そばって見えるか?」

妻 「うん、見えるぅ・・・。」だってさ。

はいはい、美しきは夫婦の絆か天の助けか、ものの5分も経たずに出会えたのでありました。


ところが、帰りなんだよね。どこもかしこも大渋滞で。
d0150949_17133268.jpg

千葉に帰るには、地図の下から、14号、蔵前橋通り、6号の三通りのルートがあるんだけれど、14号は途中で有料道路に導くように設定されているからパス、そして蔵前橋通りは、行きに通ったんだが、異常なほどに渋滞していたから・・・・仕方なく6号を通って松戸から帰ることにしたんだが、これが大失敗・・・!20分で30mも進まない超大渋滞で・・・はいはい、どうせ渋滞するなら最短経路で、というわけでまたまた蔵前橋通りに戻って帰宅しました・・・トサ。それが、こっちは実に空いていて・・・多分アタクシがおたおたまごついている間に渋滞のピークが過ぎてしまったのかと・・・。



しかしなぁ・・・。ホント、JR東日本て使えん会社だわ。先だっての震災の時も、いち早く全線運休にして・・・それは分るんだが・・・帰宅に困る人々が巷に溢れかえっているにもかかわらず、すべての駅のシャッターを下ろす暴挙に出たし、今回の台風だって新幹線の乗客を5時間も車内に閉じ込めて謝罪のひとこともないし・・・。乗客を、石炭か何かと勘違いしてんのとちゃうか?


というわけで、昨晩は午前様で帰宅して、そこから小一時間ほど酒を飲んで、今朝はきちんと5時半に起床した殊勝な親父さまがおりましたトサ・・・って飲まなければいいじゃ~ん。


そんでもって今日のお務めは・・1限の古典と5.6限の選択現代文。選択は、渾身の力を振り絞って・・・嘘です・・・志賀の『小僧の神様』を朗読した。
d0150949_17411349.jpg

一度ミスっただけの見事な朗読だった・・・と言っておこう・・・かな。しかしまぁ、朗読のあいだで、寝た生徒は皆無だった・・・はずだ。危なそうな奴だけ、目のはじで見ていたんだが・・・なんとか耐えていた。まぁな、少しは、脅し指導しておいたからな。

「お前ら、この機会を逃したら一生志賀なんて読まんだろ。せいぜい20分だ。我慢して聞け!そんでなぁ、こんなんで音(ね)をあげてたら大学の90分の授業なんて耐えられんて!」・・・ちょっと本質からズレてるかも・・・。



さて、台風一過・・・月の美しい朝。
d0150949_17475738.jpg


そんで・・帰りの空。
d0150949_17481819.jpg


女心と秋の空か。


で、帰りに買ったアテとアテ候補。
d0150949_1749127.jpg

この食べるラー油は・・・34円だった。どーして?うんうんそれはね、賞味期限があと三日。

そして・・・ブリ・・・旨ぐねっ。まっ安いから。
d0150949_1751683.jpg

d0150949_17513036.jpg



そんでもって、勤め先から借りてきた本・・・。マルク・シャガールの素人用の伝記。
d0150949_17524030.jpg



これからゆるりと読むダス・・・勤め先での空き時間に大方読んじまったんだが・・・。
by obakeland2008 | 2011-09-22 17:53 | こども・家族 | Comments(0)
プリンター買った・・Hp社の4480円。
勤め先からの帰りに電気屋を覗いたら、ヒューレッド・パッカード社の格安プリンターが4680円というお安い値段で出ていた。こいつは、WEB上の最安価格の4000円ちょいと言うのと変わらん安さだ。しかも、スキャナーがついているし、スキャナーはCanonのFB1210Uというのを持ってはいるんだが、これが遅くて使い勝手がよろしくない、そのうえこっちはwirelessだし、ということで買ってしまった。
d0150949_15325269.jpg

d0150949_16131550.jpg

初期設定に時間がかかったものの、無事に完了して、思ったよりもサクサクと動いている。ついでに、子どもたちが使っているノートPCでも使えるようにしておいたし。


箱を開けると、プリンター本体と、コード類が袋に入れられていた。ちょっとびっくりしたが、コード類は便利だ。しかし、プリンターを持ち歩くことはないよなぁ。
d0150949_15411734.jpg



で、こいつは船橋のビックカメラという量販店で購入したんだが、4680円という大きなポップの値札の下に積んであった箱をレジに持参すると7980円と言われた。どーして、別の商品を値札の下に積むのかのぅ。で、レジのおばはんが商品を取り替えて持ってきてくれたんだが、今度は4480円だって・・・200円安くなっていた。

オレが、 「あれっ、安くなってる・・・。4680円の値札だったのに・・・。」とつぶやくと、おばはんは「いいえ、そんなことはありませんよ。このお値段です。」と言い放った。帰りに確認すると・・・4680円の値札だった。おいおい、ビックカメラ船橋店・・・いい加減すぎないかぁ。

よう分らんのだが、ポイントが還元されるからカードを作れって・・・4480円の20%の896円が次回には使えるらしい。そして、WEB上でも使えるんだとか・・・そいつは便利かも知れん。このポイント還元というのは、客を逃さんためのやり繰りなんだろうが、「いつもニコニコ現金値引き~」の方が気持ちがいい。そしたら、このプリンターは、3584円という恐ろしい値段で買えたのにのぅ。




今日は、台風接近のため、勤め先は2限で終了だった・・・。しかも試験後の短縮40分授業だったし・・・。


帰宅してメーラーを開けると、あぁぁまたまたAmazonからのお知らせメールがきていた。出品していた映画のパンフが売れたから「商品を出荷してください」だってさ。はいはい、どーせ暇ですから・・・。軽く梱包して封筒に入れて、お買い上げいただいたお方に、近所のコンビニ徒歩3分で、メール便80円でお送りしました。って、この文章はひどい・・・。

売れたのはこれ・・・。
d0150949_16313837.jpg

『ファンダンゴ』ってぇ、若者たちの自分探しのロードムービーのような映画だったかと・・・。若き日のケビン・コスナーが出てるんだけれど、そうは言っても彼はこの時すでに30歳。この人って実に下積み時代が長かったのです。しかもこの映画でブレイクしたわけではなくて、2年後の『アンタッチャブル』の主役から大ブレイクしたんだよね。『フィルド・オブ・ドリームス』とか『JFK』とか、そんでもって長くて退屈な名画『ダンス・ウィズ・ウルブズ』で監督でオスカーを手にしたというわけです。そーいえば・・・最近見ないねぇ。

学生の時分に観たんだけれど・・・なんでこんなの観に行ったんだろか。当時の自分に訊いてみたい・・・。


しかしなぁ、こんなパンフに、500円と送料500円の計1000円という大枚を払ってくださる奇特なお方がいらしたとは・・・。

これからは、出品してないパンフをおまけにつけよう・・・。


さてさて、今夜は・・・ちょいと酒は飲まずに・・・。というのは、この台風の中、妻は江戸は銀座まで働きに出てる。まぁ緊急出動に備えて・・・・。
by obakeland2008 | 2011-09-21 16:44 | 買い物 | Comments(0)