カテゴリ:うどん・ピザ( 90 )
娘のリクエストでピザを焼いた。
ワシの家で、クリスマスが特別な日ではなくなってから随分と経つ。

子どもたちが幼いころは、つたない文字で「サンタさん」に手紙を書いて、窓に張ったりしていて、ワシと妻は子どもらの「希望」を知るのに腐心したものだ。が、長男が中学に上がり、三歳下の娘が小学校の高学年になったあたりで、我が家にはサンタクロースは訪れなくなった。

そして、ささやかなクリスマス会も開かれなくなった。

だから、子どもたちのクリスマスが特別な日になるのは、特別な異性が出現してからのお楽しみってぇことになりますな。

しかし、高2の娘が、急にクリスマスをやれと言い出した。なんでも、通っている高校の友人の多くが、家でクリスマス会をやっているんだそうで・・・。まぁね、高校の教員生活が長かったワシとしては、「カレシ」と過ごされるよりは、なんぼもましだけれど。

で、久しぶりにピザを焼きました。
d0150949_18081988.jpg
8インチの小さいのを2枚焼いたんだけれど、気合を入れたから、けっこうお高いピザになってしまったかも。しかしスーパーで売られている格安のや、ピザ屋のお高いものよりは、コスパはいいはず・・・。

粉は、書斎に余っていたメルベイユという富澤の準強力粉と日清のスーパーバイオレットという薄力粉を半々で。ちょいと生地が伸ばしづらく、焼くと硬くなってしまったから、メルベイユだけで練ったほうが良かったかも知れませんね。と言っても、生地作りは、数年前に購入した格安のパン焼き機にお任せで・・・。

ピザソースは、たぶん一番簡単なレシピじゃないかと思いますが、カットトマト缶にニンニクのみじん切りと塩・自家製ニンニク醤油・オイスターソースを混ぜて、レンジで15分チンするだけです。

具は、ベーコン・バナメイエビのニンニク醤油炒め・蒸しジャガイモを、刻んで、チーズは格安のものをベースに、モツァレラチーズをちぎって載せ、仕上げにイタリアンパセリを散らしました。


ピザを焼くに当たって新たに購入したのは・・・。

バナメイエビひとパック・・・200円

格安チーズ・・・300円

トマト缶・・・100円

モツァレラチーズ・・・360円

イタリアンパセリ・・・164円

と、いうわけで、8インチのピザのお値段は、600円くらいになりました。



[PR]
by obakeland2008 | 2017-12-25 18:34 | うどん・ピザ | Comments(0)
ハート型ピザを焼いた。
d0150949_2232827.jpg



『春よ来い』と『リスドォル』を混ぜて・・・まぁ両方とも中途半端に余っていたからな・・・500gの粉と、310gの水を使って、ミニピザを13枚焼いた。

もちろん、水と粉だけで旨いピザが焼けるわけがない。が、太古の昔は、そんなものだったはずだ。


まぁ、ハート型は、近所の100均であつらえた。何に使うかは分らんが、最大径13cmほどの金型だ。
d0150949_2291710.jpg



でよっ、他のミニピザは直径10cmで生地重量60g~65g、ハート型は75~80gで計量したんだが、ちょいと多かったかも知れませんな。まっ発酵と焼成とで、かなり生地が膨らむからね。
d0150949_22135394.jpg

上のピザ生地は、きのう焼成・・・250℃で4分程度の仮焼き・・・して、冷蔵したものだ。ピザ生地は、火を通せば冷凍保存ができる。


でもって、今朝がた具材を準備して・・・。4時半に起きたんだが、寝たのが1時半だって・・・。
d0150949_22174525.jpg



まぁしかし、会社で世話になっている女性・・・総勢5人に、二つずつ差し上げたら、大喜びで受け取ってくれて、さっすが大人の対応だと思う反面、やっぱり女は怖いと・・・。


で、初めの画像は海老マヨピザだ。海老の叩きにグリーンマヨネーズを合わせたんだが・・・。

ちなみにグリーンは、ワシが栽培しているパセリとバジルだ。



しかし、作ったのはいいんだが、神田の勤め先まで持って行くのが難儀で・・・。
d0150949_22263333.jpg

d0150949_2227788.jpg

[PR]
by obakeland2008 | 2015-09-18 22:27 | うどん・ピザ | Comments(0)
久しぶりにピザ生地を作った。
7日が誕生日だった中2の娘に、好物のエビピザを焼いてやるついでに、ピザ生地を数枚作ることにした。と言っても書斎の冷蔵庫の冷凍室にはそれほど空きスペースがないので、食わせる分を含めて8インチ4枚のピザ生地を作ることに。

で、娘に焼いてやった「海老のマルゲリータ風」。
d0150949_20105052.jpg

バナメイエビとピーマン、玉ねぎ、にんにくスライスを炒めて、モツァレラチーズと焼いたんだが、妻の言によると過去最高の旨さだったらしい。



材料

富澤からの贈り物(春よ恋)・・・400g

水(35℃程度)・・・・・・・・・・・・・248g

砂糖(グラニュー糖)・・・・・・・・・・16g

塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・7g

スキムミルク・・・・・・・・・・・・・・・・12g

オリーブ油・・・・・・・・・・・・・・・・・・24g

ドライイースト(サフの赤)・・・・・4.8g




手順

水合わせだけをパン焼き器にお願いして、残りは手作業にしました。だから、当然のことに手捏ねです。


水合わせを終えたここからスタート・・・。
d0150949_20261182.jpg

下に敷いているのが、新兵器の「シリコンマット(40cm×50cm、1118円)」。いやいや優れものですな。生地が全然くっつかないって。


で、こんな感じで捏ねては畳んでを繰り返すこと7分間。
d0150949_2105173.jpg


はい、捏ねあがりぃ~っと来たもんだ。
d0150949_2114349.jpg

ここから4枚のピザ生地をとるので、1枚当たりの分量は171gということになりますね。今回は、作業性を考えて8インチ(直径20cmくらい)にしたんだけれど、ワシのツインバードの格安コンベクションオーブン(TS-4118)では10インチまでは焼くことができる。

お次が発酵ですね。
d0150949_218179.jpg

自作のなんちゃって発酵器に熱湯を満たした湯呑を入れて・・・。

はい、発酵終了です。きっちり60分。
d0150949_2195543.jpg


これを軽くガス抜きをした後、分割して丸めたらきつく絞った濡れ布巾で覆ってベンチタイム15分。
d0150949_2111537.jpg

d0150949_21123873.jpg



これからいよいよ成形して焼きに入るんだが、麺棒を使って丸く伸ばすのはワシには無理なので、手を駆使して丸くしていくわけです。100均のお盆を使うと丸める目安になります。
d0150949_21194123.jpg

基本的には、手のひらの掌底を使って押し付けて広げていくんだけれど、形を修正するときは指で引っ張ったりという荒業を使うのもありです。


でもって、焼きなんですが・・・。焼く前に、フォークでガンガン穴を開けると生地のふくらみを抑えられます。完全ではないけれど・・・。

生のピザ生地をそのまま冷凍するのは無理。しかしちょいと焼けば冷凍保存も大丈夫。だから、焼くのはほんの数分です。

要は、ピザソースやら具材やらを載せる土台なので、生地に火が通ればいいわけで・・・。
d0150949_21282247.jpg

これだと、ちょいと中が凸凹で、ソースも塗りづらいし、具材も載せづらいので、マッシャーを使って軽く平らにします。
d0150949_21323177.jpg

d0150949_21324574.jpg

これで冷凍しても大丈夫!!解凍するときは、同じように凍った生地をそのまま軽く焼いてから、ソースと具を載せて本格的に焼き直す・・という手順が一番簡単かも・・・。



さて、ピザソースですが・・・。こちらはレンジを使った手抜きソースで。

まずは、トマト缶を汁ごと塩(2g~6g)、ニンニク(すりおろしてもチューブでもスライスでも・・・。)、オリーブ油適量を混ぜてジューサーで。
d0150949_21375848.jpg

カットトマトを使いましたが、食感を楽しみたい人や、ジューサーがない人は、別にそのままでもいいと思いますよ。


で、レンジで600W15分。ラップは緩く・・・。本当はラップなしがいいんだけれど、それじゃレンジ内が汚れてしまうからね。


これが出来上がり・・・。
d0150949_21445177.jpg

[PR]
by obakeland2008 | 2015-01-10 21:47 | うどん・ピザ | Comments(0)
焼きうどんはうどん屋にないんじゃないかい?
ワシは、うどん屋にはめったに排卵が・・・じゃないって・・・入らんが、今までにうどん屋で「焼きうどん」の文字を見たことがない・・・と思う。


遥か昔のうどんブームの最中(さなか)にも、香川のうどん屋で「焼きうどん」をメニュウに載せているセルフの店ってぇのは、記憶にない。


まぁね、うどんを茹でて、水で〆て・・・。そのままなら「冷や」で出せるし、温めるなら客がテボで湯掻いて、そこに天ぷら類をトッピングすれば済む。しかし、焼きうどんだと、水で〆たのを炒めんとならんから、セルフの店では間尺に合わん。


それに、讃岐うどんの良さを否定する食い方だしな。


でも、しかし、ワシは焼きうどんが好きなのさ。


良かった・・・。実に・・・。自分で踏んだうどんを自由に食えて。
d0150949_23574654.jpg




作り方をざっくりと。

肉・野菜を炒めて塩・胡椒を振ったのち、うどんを投入し、中華スープを30ccと醤油15ccで味を付けて、20秒くらい炒め続けて完了。まぁソースがいい人は、醤油の代わりにソースで・・・。ただし、中華スープを使わないと、大量に醤油やソースを投入する羽目になる・・・はず。


これが基本で、後は西安風に酢を入れてもいいし、四川風に豆板醤やら、花椒辣醤(ファラオラァジャン)を使ってもいい。日本風に、かつ節やら海苔を載せても、トマトソースでイタリアンにしても、要は好きなように作れるのが・・・焼きうどんだ。元をただせば、パスタ・ピザ・お好み焼きと同じく、「粉物」だって。
[PR]
by obakeland2008 | 2014-11-06 00:16 | うどん・ピザ | Comments(0)
「にんにくネギ塩ダレ茹で豚冷やしうどん」の巻
自作のうどんをせっせと食わんとならんから、こんなのを作った。
d0150949_21133816.jpg


まずは、スープ。
d0150949_21152043.jpg

自作の返しを中華スープで割って、塩・酢なんぞを加えた物。大概の人は返しなんぞは用意してないだろうから、市販の麺つゆで代用して、1:4くらいの割合ですな。塩は小さじ1、酢は大さじ1。別に麺つゆだけだっていいし、うどんスープの素を使ったっていいし、要は好みだ。


そして、にんにくネギ塩ダレ・・・。
d0150949_21212959.jpg

ネギのみじん切り、塩、にんにくのみじん切り、中華スープ、ゴマ油を適当に~。


まぁ、旨いよ。うどんはワシが打ったとは思えん出来映えで、コシがあるけれど固くはなく、手切りだから適度にねじれていてスープをほどよく絡めとるし・・・。


日曜の晩に、丸カビ製麺に並んでカビうどんを食うよりは、かぁチャンでもトーちゃんでもいいから、自分でうどんを踏んで、一家団欒でワイワイと楽しんだ方が、よっぽど豊かな食生活がおくれると思うんだが、余計な戯言(ザレゴト)か・・・。
[PR]
by obakeland2008 | 2014-08-08 21:48 | うどん・ピザ | Comments(0)
納豆&かき揚冷やしうどん
先週の木曜にうどんを打ったのに、食う暇がなくて、冷蔵庫に入れっぱなしだったんだわ。しかも5玉・・・。


で、今日は納豆&かき揚冷やしうどん(大盛り・・・2玉)にした。
d0150949_20412634.jpg



スープは、自作の「返し」を中華スープで割って、暑さ対策に酢を入れたもの。
d0150949_20433764.jpg


ゴマ油とかコチュジャンを使っても良かったかも知れませんな。

かき揚は近所のヤオコーで買った。うぅぅん・・・そんなに旨くないぞ。引き割り納豆は、旨いっちゃあ旨いんだけれど、箸では上手く食えない。途中でスプーンを使ったんだが、随分とスープに落ちてしまった。スープを全部飲んでしまえばいいんだろうが、そいつはちょいと危険だよねぇ。元々は醤油と砂糖とMSGなんだもんなぁ。



これが、うどんを打った時の画像。塩分13%、48%の加水率で、400gの粉を使った。
d0150949_20553476.jpg

d0150949_20554257.jpg



休みの日には、うどんを打とうぜ!
[PR]
by obakeland2008 | 2014-08-05 20:56 | うどん・ピザ | Comments(0)
ピザを焼いた。
最近、ガンガンと猛勉強を始めた中二の娘・・・右上の画像のなれの果て・・・に、大好物のピザを焼いてやった。


d0150949_21442499.jpg

生地は下焼きして冷凍したんだが、そいつをまた焼いてから、ソースと具を載せてじっくり焼いたんだわ。と言っても、フカイ工業のピザ釜を使ったから3分くらいだけれど・・・。
d0150949_2146444.jpg

d0150949_2146547.jpg




ちなみに、ジャガイモもピーマンも、100均のスライサーを使った。


まっ、ソースも生地も手作りだからな。『愛情あふれる親父のピザ』だ・・・ちょいと気色悪いかも、ネギ。
[PR]
by obakeland2008 | 2014-06-11 21:57 | うどん・ピザ | Comments(0)
ピザ生地の成形を簡単に・・・。
これは、ピザ生地をフカイ工業のピザ焼き器で焼いて、冷凍保存することが目的の記事だから、オーブンを使う人や、完成したピザを焼きたい人は、ひと工夫しないとなりませんよ。


ピザ生地を丸くするのは、9インチ程度のものならそんなに難しくはない。が、10インチ・・・25cmちょい・・・以上になると、面倒になってしまう。

これから載せるのは、9インチ・・・23cmくらい・・・のサイズのピザの伸ばし方だ。


まずは、25cmくらいの皿か、トレーを用意する。
d0150949_2092219.jpg

これは100均なんだが、直径が25cm、平らな部分が22cm程度で、ちょうどいい。


これにアルミを敷いて、オリーブ油をまんべんなく塗る。
d0150949_20112962.jpg


で、中央に生地を載せたら、手で押しながら周囲に伸ばしていく・・・。
d0150949_2013985.jpg

d0150949_2013234.jpg

最初のうちは、こんな風に手のひらを使うと楽だ。

しかし、手には打ち粉をたっぷり付けないと悲惨なことになるぞ。

ほぼ丸くなったら、外周を心持ち高くしておく。
d0150949_20161973.jpg



これを、予熱したピザ焼き器に入れて、チョイと焼く。

焼く前に生地にフォークで穴をあけろとかってぇ言う人がいるが、そんなことをしたって生地は勝手に膨らんでしまう。馬鹿な考え休むに似たり・・・だ。


生地にうっすら焦げ目がついたら・・・この塩梅が難しいんだわ・・・ポテトマッシャーにアルミを巻いて、平らにしていくわけです。
d0150949_20254652.jpg


こうすると、生地も平らになるし、ヘリの部分も本格的なピザの様な雰囲気になるのよ。
d0150949_20265151.jpg


これで、生地が冷めたらジップバックに入れて冷凍保存をして、おしまい!


まっ、十分なピザ用のスペースが確保できるお方は、伸ばし棒を使うなり、指でピザ生地をクルクル回すなり、お好きな方法でどうぞ~。
[PR]
by obakeland2008 | 2014-05-13 20:32 | うどん・ピザ | Comments(0)
ピザ生地の土手を簡単に作る方法。
ピザ生地の作り方にはいろいろある。


調べていくと、ウンザリする。


調べ上げた挙句に、格安のホームベーカリーの付録のレシピに戻ったりする・・・ワシ。


まぁそんで、小麦粉は、すべてのレシピを無視して、書斎に余ってるものを使うことにしている。天ぷらは揚げないから薄力粉はない。うどん用の中力粉か、パン用の強力粉を使うのが常だ。

で、どんな小麦粉を使って焼いたって、生地はてんで勝手に膨らんでしまう。

と、言うわけで、今日は上手く形成する方法を・・・。



生地が出来たら、丸い盆にオリーブ油を塗ったアルミを敷いて、適当に手で丸くする・・・。
d0150949_21394050.jpg


こいつを焼くとあちらこちらが膨らむから、ポテトマッシャーで形成するんですな。
d0150949_2140389.jpg


ポテトマッシャーにアルミを巻けば洗う手間が省ける。


で、角を丁寧につぶしていけば・・・。
d0150949_21415312.jpg


こんな感じで・・・。
d0150949_21422422.jpg



まっ、細かいレシピやらは、「お問い合わせ」から・・・。
[PR]
by obakeland2008 | 2014-04-15 21:44 | うどん・ピザ | Comments(0)
トマトを買った。

旨いトマトとチーズだけのシンプルなピザが食いたくなって、会社の帰りにトマトを買った。大きいのが一個135円で売られていたんだが、どーにも色がさえない。すぐそばに赤くて旨そうな小ぶりのトマトが248円で売られていて、そっちを買うことにしたのよ。
d0150949_2152934.jpg

ねっ、旨そうじゃん。


レジに持って行って、500円玉を置いて釣りをもらうつもりでいると、なんか妙な間が空いた後、レジのオバちゃんが、「580円です。」だって。
d0150949_2154279.jpg

そー言えば見た。「フルーツトマト 580円」てぇフダ・・・。紛らわしい売り方すんなよな。・・・って、すぐに人のせいにしちゃいけません。だけど良かった・・・。金持ってて・・・。普段なら500円玉一枚とか、へたすりゃ100円しか財布に入ってないからなぁ。まぁカードはあるんだけれど、この八百屋さんは、「あはは、とうとうザルがダメになっちまってさぁ。うちもレジかっちゃたよ。」てな感じの雰囲気だったから、現ナマ勝負に決まっている。たまたま今日は金を下してあったんだわ。


だけど、「フルーツトマト」ってなんだい?たぶん「トマト 580円」じゃ売れないけれど、「フルーツトマト 580円」なら、どっかの有閑マダム・・・古い?・・・が、買っていきそうだもんな。オレみたいな早とちり野郎もいるし・・・。



で、肝心のお味なんですが・・・。そのまま食っても、不味くはないが、小粒のトマト三つで580円の威力は全然ない!あたしゃ、正直言って死ぬほど後悔しましたよ、『あぁぁなぜ少しの勇気を出して、間違えました、の一言が言えなかったんだろう・・・。』と。


がぁ、トマトって焼くと劇的に甘味が増すのね。ピザにしたらものすごく旨かった。
d0150949_22142346.jpg

もう少しチーズを減らした方が良かった。と言うよりは、チーズが、業務用スーパーで売ってる激安品だから、バランスを欠いている。それなのにこの旨さだ。って伝えられんのがもどかしい。


まぁ、小麦粉が旨いからな。香川の木下製粉のパン用強力粉「ブラウワー」ね。この製粉所は、うどん用の中力粉が主力製品で、香川県内のうどん店にも多く使われている。一般の消費者に小売りをする製粉所って、珍しいんだよね。


と、言うわけで、リンクを貼っときます。パン用強力粉だったら、まずは「お試しセット」(1000円)がいいかと・・・。




さて、明日は休みだから、センターの古文の訳を載せる予定なんだが、今年は超メジャーな「源氏」だからなぁ・・・。どーするかのぅ。しかも難しいし・・・。
[PR]
by obakeland2008 | 2014-01-20 22:31 | うどん・ピザ | Comments(0)