人気ブログランキング |
少年野球
野球の試合があるとかで、息子が朝7時ころ出て行きました。夏休み中の旅行で練習を何回か休んだから試合には出られないらしく、半ベソでした。まぁ当然ですな。
d0150949_13275458.jpg


息子の試合を見るというのを口実に、ご近所サイクリングにでかけました。軽く11kmくらいね。見つけたのはこれ。
立派な門のお宅。
d0150949_13162031.jpg


そして、出羽三山信仰の石碑と青面金剛像、猿田彦などの石碑です。一番左の怒っているのは帝釈天かなぁ?でもでもねぇ、多分すべて庚申講の記念碑だね。江戸時代の田舎の宗教なんて味噌も糞も一緒なのよ。見ざる、聞かざる、言わざる、だっけ。よく見ると帝釈天の足の下に掘られていますね。踏みつけられているのは、多分「三尸(さんし)」と言って人間の悪行を閻魔様に告げ口する三匹の虫だと思うんだけれど・・・。結局60日に一度回ってくる庚申の日だけ、この三尸が人間が眠っているうちに活動するのよ。だから、村人総出で朝までというよりは、日が変わるまで宴会して寝ないようにするんだよね。それを庚申講というんだけれど、それがある程度続くと、その記念にこうした記念碑を建立するんですよ。


庚申講の神様は普通は青面金剛なんだけれど、別になんでもいいみたいね。猿田彦なんてさぁ、多分「見ざる、聞かざる、言わざる」の「猿」つながりだから・・・。下らないの。

あぁ写真はこれね。猫はサービスです。
d0150949_13273435.jpg

d0150949_132897.jpg

d0150949_13282430.jpg

d0150949_13295936.jpg


この石碑に刻まれた年代は、嘉永・万延・明治だったかな。150年くらい前からだね。新しいのよね。嘉永ってペリーが来たころじゃない?

もし間違っていたら教えてくださいね。
by obakeland2008 | 2008-09-07 13:33 | こども・家族 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< みんなタイなのね・・・。 チェジュ島旅行記・・・ホテル編 >>