人気ブログランキング |
またまた「死神」?
以下は毎日のWEB版の記事です。やっぱり、朝日って駄目だね。


「毎日新聞

 死刑執行の件数をめぐり、朝日新聞夕刊1面のコラム「素粒子」(18日)が、鳩山邦夫法相を「死に神」と表現した問題で、朝日新聞社に約1800件の抗議や意見が寄せられていたことが分かった。

 21日夕刊の素粒子では「法相は職務を全うしているだけ」「死に神とはふざけすぎ」などの抗議が1000件を超えて寄せられたことを明かし、「死刑執行の数の多さをチクリと刺したつもりです」と説明。「風刺コラムはつくづく難しいと思う」とし「法相らを中傷する意図はまったくありません」「表現の方法や技量をもっと磨かねば」と、おわびとも取れる内容になっている。

 朝日新聞社広報部は、抗議数を回答したが、「(21日夕刊の素粒子などについて)特にコメントはありません」と話した。



TITLE:<朝日新聞「死に神」報道>「素粒子」に抗議1800件 「風刺コラム難しい」(毎日新聞) - goo ニュース」



酷いねぇ。風刺というのはねぇ、言葉の達人にしか許されない所業でね。だから、新聞記者は、まぁ言葉のプロとして許されてきたわけですな。しかしねぇ、風刺と中傷の区別もつかないような記者が、駆け出しではなくて、社の看板のコラムを受け持つベテランで、しかも、訂正記事も出さずに、恥の上塗りをしてしまうところに、構造的な欠陥があるよね。


「チクリとさした」ってぇ表現が、「死に神」なの?じゃぁさぁ、ズブリと刺したらどーいう表現になるの?「死に神」という表現は中傷以外の何物でもないよな。こーゆー厳しい言葉を使った時点で風刺ではなくなってしまうんだよね。この記者もこの新聞社も終わっているね。こいつも企業の危機管理能力の一端を如実に示している案件だということに、気づいていないのもイタイよね。


日本の国民の皆様も日本の国益を損ない続けている腐れ新聞社だということに早く気がついてほしいよね。


さてさて、ネットで「町田宗鳳」の御本を頼んでしまいました。山岳宗教についての本です。700円。読んだら書きましょう。久しぶりに楽しみな書物ですな。
by obakeland2008 | 2008-06-22 19:07 | 事件・事故 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 何なんだか・・・。 禁酒できますかぁ? >>