震災用備蓄のラーメンの賞味期限が切れてた・・・の巻。
ワシは来る大震災に備えて、水やら非常食やらを少しずつ備蓄している。

で、先日のこと、朝の通勤電車の車内で吊革につかまりながら、実に突然思いついたのが・・・。

『ん?食ったら出さんとならんじゃん・・・。』

3.11の東日本の震災の時は、浦安のアホな私立高校の教員をするかたわら、新浦安の進学塾でアルバイトをしていて、その時に見た、仮設トイレの悲惨さが瞬時にフラッシュバックした。

でよっ、それ以来、簡易トイレばかりに気が行っていたんだが、たまたま今朝食うものが何もなくて・・・『備蓄のカップ麺、一個くらい食ってもいいよなっ。』と、駐輪場へ。

d0150949_13091633.jpg
d0150949_13093352.jpg

で、いざ食おうとしてびっくりだ・・・賞味期限が切れてる!!
d0150949_13102262.jpg
まぁ消費期限じゃないからまだ食えるけれど、非常時用の備蓄食料としては失格だって。

と、いうわけですべて引き上げて、ちまちま食うことに・・・。
d0150949_13134733.jpg
そーだよ、お湯を入れたら、こーしてスープを載せて温めるんだったよなぁ・・・なんて感慨にふけってる場合ではありませんよ。

至急、代替品を考えないと・・・。それとも、カップ麺の賞味期限ごとに総入れ替えするとか・・・。半年に一度くらいのスパンでいいのかのう・・・姉妹。


しかしまぁ、久しぶりにカップ麺を食ったんだが、これはこれでまぁゴニョニョですわ。

[PR]
by obakeland2008 | 2016-11-08 13:24 | 生活 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< トランプが大統領になった・・・。 ソーセージベーグルを焼いた。 >>