この週末は第二種電気工事士の技能試験だった。
ワシは第二種電気工事士の免許を持っている。

2年前に友人のチンガーと一緒にもらったものだ。

電気工事士は一応は電気関係の国家資格なんだが、一番の下っ端資格で、相撲の番付でいうと十両ってぇ感じか?

簡単に概要を記すと・・・。

試験は、筆記と技能に分かれていて、筆記を通らなければ技能は受けられない。

そして、下期と上期の二度行われる、年間を通すと12万人が受ける、電気関係の資格の一大イベントだ。

試験の経済規模から言うと、他を寄せ付けない横綱級の試験だ。だって、受験料が約10000円だからな、それだけで12億の売り上げだろ、しかも筆記はペーパーだから原価は人件費だけだし、そのうえ合格率が60%程度なので、材料費のかかる技能試験は落とした分だけ原価がかからないし・・・。


ちなみに、技能の合格率は70%程度で、筆記と技能を突破するのは40%で、上期だと80000人が受験するから、毎年32000人が電気工事士になっていることになる。


で、昨日と今日は、上期の技能試験だったのよ。言い直すと、最悪の、技能試験・・・。


というのは・・・・。

上期は受験生が多いから、会場確保の関係で二日に分けて行われるのさ。だって、机上で電工の作品を作るわけだからな。筆記試験のようなスペースでは無理だって。そして、あらかじめ13の公表問題が発表されて、そこから出題されるのさ。

でよっ、例年だと、土曜に全国統一の、日曜に同様のが、出題されるんだが・・・・。

今年は、土曜に、東日本はNo.8が、西はNo.1が、日曜はその逆が出題されたんだわ。

ネットがない昔ならそれでも問題ないんだけれど、2ちゃんとかではすでに情報がアップされていたから、日曜受験でネット好きな受験生は、それだけで有利だったわけです。


まぁ、それに加えて、No.1とNo.8とでは、難易度がけっこう違うから、それも問題と言えば問題なんだが、それは、別に不手際ってぇミスではないから大きな声では糾弾できませんが。


ワシに金があれば、裁判沙汰にして、別に勝てなくても首謀者のバカを明らかにするんだがな・・・無念じゃ。
[PR]
by obakeland2008 | 2016-07-24 20:55 | 電工 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 久しぶりにそうめんを食った。 会社の近所で旨い冷やし中華を食った。 >>