幸水でジャムを作った。
幸水・・・コウスイ・・・というのは、千葉県北西部の名産の梨の主力商品だ。ワシが繁忙期だけ働いている梨屋も、8月一杯は幸水だけを扱って、9月から豊水・・・ホウスイ・・・という果肉の柔らかい梨が主力になる。
d0150949_20142094.jpg



幸水は、小さいのなら一個150~200円程度だが、500gを超えるような大きいものは500円くらいするし、そもそも流通経路には乗らないから、直売所でしか買えないことが多い。

が、そんな高価な梨も、鳥が一部だけつついたり、もいでる最中に自然に落下したり、といったものが少なからず存在する。生産者のオヤジさんにしたらずいぶんと悔しかろうと思うんだが、売り物にはならないから、そのまま畑のこやしにしてしまう。


で、ここ二日ほどこまめにそーゆー梨をもらって、ジャムを作った。



まずは梨を剥いて、芯を外して・・・と。900g・・。
d0150949_20254325.jpg


そしてザラメ・・・。グラニュー糖がいいんだが、梅干し作りで使ったザラメが大量に余っていたからね。とりあえずは梨の重量の25%の225g。
d0150949_20272963.jpg



フードプロセッサーで、半分はジュース状に、半分は4~5秒回して荒く刻んで・・・。
d0150949_2034615.jpg

d0150949_20343455.jpg



鍋に梨・ザラメ・ポッカレモン10mlを入れて、じっくり灰汁を取りながら煮詰めるわけですが、今回は60分程度煮て、瓶詰めしました。


梨を煮る前に瓶を煮沸してと・・・水から煮て沸騰してから5分間ね。
d0150949_2040680.jpg


でもって、瓶詰めは、ジャムが熱いうちに・・・。
d0150949_20423698.jpg



d0150949_20432852.jpg

左の瓶が320cc、右二つが100cc程度だから、容量は500ccなんだが、比重が分らんから重量が計算できん。

うかつだった、容器の重さを量らなかった・・・。出来上がったジャムの糖度が分りません~。


煮る前は・・・。

梨・・・900g

ザラメ・・・225g

だから、25%、というのは愚かな計算で、幸水の糖度は14%くらいだから、まぁ40%くらいのを煮詰めたわけだ。


仮に60分間煮詰めたことで、重量が50%になったとすると、ザラメの重さは変わらんから、梨だけが900g×0.5で450g、総重量が675gか。

で、(900g×0.14+225g)÷675gというのが、ジャムの糖度じゃないかなぁ。

52%・・・。


まぁまぁ日持ちするはず。
by obakeland2008 | 2015-08-19 20:55 | 料理 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 梨もぎ終了。 久しぶりに料理の本を借りてきた。 >>