人気ブログランキング |
うどん専用小麦粉を買いに行った。
今までは、格安の中力小麦粉(1kg138円)を主として使用して、たまに薄力粉や強力粉と合わせたりしながらうどんを打っていた。が、色々と知恵がつくと、どーにも専用の小麦粉で打ってみたくなる。

大概のうどん専用の小麦粉は、インターネットで手に入る。が、その量が問題で・・・。ほとんどが、業務用サイズの25kg入りだ。作業性も風味もわからん小麦粉をそんなに大量には購入できんて。保管場所もないし・・・。


そもそも、25kgの小麦粉を消費するには・・・。

オレの標準の一食分の小麦粉の量が110gとして・・・。

ええっと、110gの小麦にその重量の45%の食塩水を加えるから、出来上がる生地の重さは約160gで、それを茹でると重量が1.25倍になるので、ほぼ200gの麺になるわけですな。


25kgの小麦粉を消費するには、25000g÷110g=227.3・・・。

一日に一食をうどんにして7か月かぁ・・・。ふぅ~。


と言うわけで、船橋近辺でうどん専用小麦粉を少量で購入できるところを探した。目安は、1kgで500円以下だ。

当然、東武・西武などの有名百貨店の食品売り場にも出向いた。西武には、ニップンの名品「めん匠」が売られていた。それも500g単位で・・・。信じられん値段だった。相場の倍だ。あまりに酷い。


あれこれ探した挙句、千葉の菓子食材の店で小売りされているのを見つけた。
d0150949_18382545.jpg

千葉駅の裏、といいますか、千葉公園側といいますか、植草学園の近くといいますか、まぁ弁天ですな。

買ったのは、昭和産業の「めんのちから」1kg285円。
d0150949_18412073.jpg

25kgの業務用をこの店で1kgの袋につめかえて売っているらしい。それほど高い値段設定ではない。


が、しかし、店までは往復39kmの距離で、燃費が10km/Lとして・・・あぁぁ。自転車で行けばよかった。でもなぁ、シコシコJAPANじゃなかった、なでしこJAPANのフランス戦を見てたから、寝不足だったしなぁ・・・。



まっそーゆーわけでこれからうどんを作りますわ。食塩水は作ったんだよね。16%を200g。
d0150949_18565394.jpg

チェジュで買った小粒の岩塩を32g。


それに水を加えて200gに。
d0150949_18581872.jpg

綺麗に溶けるまで撹拌してしばらく置いておくわけで、ものの本によると一日は寝かせる必要があるんだとか。理由はかいてなかった。



どんなうどんが出来るか、実に楽しみな今日この頃・・・。
by obakeland2008 | 2012-08-07 19:02 | 買い物 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< うどん三昧の一週間だった ヒロシマの日 >>