人気ブログランキング |
久しぶりに国楽放送を聴きましたわ。
毎週火曜日の朝8時すぎから、ソウルにお住まいの・・・いやいや最近京畿道に引っ越されたんだった・・・ミュージシャン春日さんが、民謡専門の放送局の、パンソリ界随一の美人と評判のオ・ジョンヘさんの番組で、韓国民謡を歌うってえ、物凄い企画に挑戦されておいでなのです。で、これが実にPCで聴くことができるので・・・しかもリアルタイムだって・・・・楽しみにしているんだけれど最近は試験中やら何やらで聴き逃していたんだよね。


そんで、今朝は暇人28号だったから、うぅぅんヒマジンガーZだったから、ゆっくりと聴くことができました。もちろん、オール韓国語だからさっぱりぱりですけれどぉ~今日のお題はなんと・・・『恨五百年』だった。韓国語だと、『ハンオーベンニョン』・・・早口で言うと・・『ハノベンニョン』って感じ・・・。


ひぇぇぇ春日さんこんなのお歌いになられるのぉ?ってびっくりしたんだけれど、さすがにエレキギターのインストでございました。とても抑制が効いた、よい演奏でした。オ・ジョンヘさんも思わずため息をついていたしね。今度来日なさったら、演奏していただきたいですなぁ・・・。


まぁほとんどの人が知らない曲だと思うので、ヨウツベ(オランダ語でYOU TUBEのこと・・・嘘です)をアップしておきます。探すと、チョー・ヨンピル先生のとキム・スヒのが見つかるんだけれど、キム・スヒの方は気合いが入り過ぎて疲れてしまうからチョー・ヨンピルソンセンニムのバージョンでぇ~。


チョー先生の衣装も、回りで踊っている女性のチマチョゴリも白装束なのは、この歌が死者を悼む歌だからだよね。韓国も日本も、白装束は死者の葬送の時の衣装だから・・・。まぁ何事にも節操の欠落している日本は、明治維新からの欧化政策の一環で葬儀の衣装も西欧式に黒装束に替えてしまったのよ。でもでもまぁ韓国では今でも葬式は白装束なのね。あぁぁ喪主だけかなぁ・・・。参列者はどーなんだろか。


で、この歌の詞も一応あげておきますが・・・イジョンミさんの訳したものを。

恨(ハン)多きこの世 薄情なあなた
情を残して 体だけ逝ってしまうなんて 涙がこぼれるよ
いかにもそうだよ そうだとも 
ハン五百年生きようというのに 何を言うのか

白砂の浜辺に七星壇を祀り
あなたを生き返らせてと祈るよ
いかにもそうだよ そうだとも 
ハン五百年生きようというのに 何を言うのか

青春に踏みにじられた せつない我が愛
涙を流しながら 何処へ行くのか
いかにもそうだよ そうだとも 
ハン五百年生きようというのに 何を言うのか

恨(ハン)多きこの世 冷たいこの世
思いやりがなくて わたしはやりきれない
いかにもそうだよ そうだとも
ハン五百年生きようというのに 何を言うのか


これも民謡だから地方によって様々なバージョンがあるんだろうねぇ。アリランなんて2000種類もあるって言うし・・・。

キム・スヒさんのが聴きたいお方はこれ・・・「한오백년 」をコピペしてヨウツベで検索してくださいな。


にほんブログ村 教育ブログ 高校教育へ

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ



d0150949_16394823.jpgいやいや、暑くて死にそうです・・・。書斎に籠っていると、風も抜けないし・・・。ホントにタイトルの「弱い風」がそよってぇ感じで、しかもさぁ隣家の換気扇が目の前だから・・・臭くって隣の老夫婦の食事時はおちおち開けていられないし。なんで年寄りってぇのはこうも焼き魚が好きなんだろか・・・。この方々って二軒分の広さの庭を所有されておいでだから、そっちを利用して七輪で焼いてくださればいいのにぃ・・・。まぁアタクシも、隣家との狭いスペースにカセットコンロを載せた椅子を出して、クサヤを焼いたり、焼き肉したりって対抗しているから、ちょっとだけ恨みは晴らしているんですが・・・・。この家の親父さんが実に近所迷惑なお方でぇ・・・この人の家の前の通りは中学生の通学路になっているんだけれど(ということはアタシの家の前も必然的にそうなっているわけでぇ)、このオヤジがその時間を見計らって外で体操を始めるのよ。でよ、道行く見ず知らずの学生たちに片っ端から「おはよう!」ってえ声をかけるんですわ。オレはさぁ、何度も言ったことがあるんだよなぁ・・・「なぁオッサンよぉ・・・体操は、あんたの広い庭でやれよなぁ。」って・・・・心の中でだけどさ・・・どうせね、小心者ですよ・・・ハイハイ。



昨日、予告した、飲み屋の話はまたいずれ・・・。
by obakeland2008 | 2010-07-20 16:49 | 音楽 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< エビの枝豆和えと「うなぎ」 娘のピアノの発表会だった・・・... >>