人気ブログランキング |
ワラサの刺身・・・100円だった
図書館に行くついでに格安スーパーに寄るのが、休日の楽しみの一つになってしまって、今日も行ってきました。先だって借りた済州島の本と昨日借りた浅田次郎の『月のしずく』を返して、こんなんを借りてきました。
d0150949_18185780.jpg

浅田次郎の『銀色の雨』って短編読みなおしたんだけれど、ストーリーはよく覚えていましたわ。映画とは別物だったから思い出せるはずがない・・・ジェリア。ひどいなぁ。こんなん許されるのかい?換骨奪胎にもなってませんがな。浅田次郎のネームだけを売り物にしてるだけの詐欺的な作品でございました。


そんでもってお借りしたのが、小野田寛郎さんの本と植草甚一さんの評伝的な本、そしてDVD『絵の中のぼくの村』という東陽一監督の作品。


植草甚一というとジャズや映画の評論家で異常なまでの博識だってえことしか頭に浮かばないし、著作もその昔少し目にしただけなんだけれど・・・。松本清張・太宰治・中島敦・植草甚一と並べると・・・一番年上なのは彼なのね。彼だけが1908年生まれで、他の方々は1909年の同学年なんだわ。ちょっとびっくりでございました。まぁアタクシよりひと世代上の人にとっては常識なのかも・・・。


で、格安スーパー・・・。
d0150949_18283840.jpg

ピーマン5個入りひと袋20円・・・ウィンナー2袋207円・・・。ジャガイモもひと袋30円だったかも・・・。とりあえず、ピーマン・ウィンナーは購入しましたよ。


で昼飯はパスタ・・・。
d0150949_1831732.jpg



で、別のスーパーを廻ると~。ワラサの刺身がぁぁぁ100円だった・・・。ホントにこれって生で食えんのかい?まぁしかし、100円なら、どんなもんでも文句は言えまへん。
d0150949_18325746.jpg

えぇぇぇっと・・・ワラサっつうのはイナダとブリの中間点に位置するお魚ですな。イナダはまずいが、ブリは好き。で、ワラサはぁぁぁ限りなくイナダに近いかも・・・・鹿。半分だけ食って、後はヅケにしよっと。



今朝は大量に溜まった洗濯物を二回に分けて洗って、その間にフローリングの掃除をしたり、寝室と書斎の片づけをしたりとけっこう精力的に動きました。で・・・こんなん見つけてしまいました。中国返還前に訪れた香港で妻が買った、どーでもいい人向けの土産・・・。
d0150949_18403745.jpg

どーでもいい人たちのために大量に買ったのか、それともどーでもいい人たちだから渡し忘れたのかは今となっては探る由もございません。

にほんブログ村 教育ブログ 高校教育へ

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ


観ましたよ、世紀の一戦・・・。オランダVSブラジル・・・。すごかった・・・。前半と後半では別のチーム同士のような戦いだった・・・。今回のW杯では、日本は思わぬ健闘をしたけれど、やっぱり4強とかってえレベルに到達するには50年やそこらの時間が必要かも・・・。しかし、NHKの解説の山本 昌邦はもう少しきちんと分析して解説して欲しかった・・・。「さぁこれからですよ、W杯の神髄は~・・・。」ばっかり・・・。だからよぉ、どのあたりが「神髄」なんだい?オランダの2得点はセットプレイからだったし、ブラジルは自滅したみたいなもんだったし・・・。


ガーナとウルグァイは、ウルグァイが追いついたところで寝に入りました。PK戦だったのかぁ・・・。

さて、今晩はアルゼンチンとドイツだって・・・。連日決勝を観ているような、実に幸せな気分です。しかも、土曜日だしぃ・・・。
by obakeland2008 | 2010-07-03 19:02 | 料理 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ワラサのヅケ丼と邦画3本 私立中学に合格したのに・・・。 >>