人気ブログランキング |
トナカイが消えた・・・。
春休み中のある日たまたま行った勤め先で、仲良しのH女史と会った時のことです。

オレ 「おぉぉ、久しぶりです。お元気でしたかぁ?」

Hさん 「トナカイが消えちゃって・・・。」だって・・・。

ねぇねぇ、こんな会話って日本に存在すると思いますかぁ?でね、詳しくお聞きすると、彼女の仲良しの先生が休み中に北欧にいらして、その土産としてトナカイの肉の燻製を買ってきたそうで。そんで、そいつを冷蔵庫に入れておいたんだけれど、アタシと会う直前くらいに何かの拍子で冷蔵庫を確認したら・・・なかったんだってさ・・・。

さて、今週は午前中授業だから、午後はまたまた図書館に行きました。だってさぁ、欲しい本がいくらでも見つかるし、家から自転車で20分くらいだし、PC検索で船橋中の図書館から借りることができるし・・・言うことなしだったの・・・・。でね、今日仲良しの岸部さんとだべっていたら、仙厓の話になって、彼の生涯を描いた『死にとうない』(堀 和久)ってえ本が面白いっていうから、そいつを借りに行ったのよ。
d0150949_17505882.jpg

この紙がアタシの手元にあるということは・・・そうなの・・・借りられなかったの。なぜ?うんうん、それはね、カードを忘れたから・・・。


オレ 「あのぅぅぅ、カードを忘れてしまったんですが・・・・。」

受付の男 「ああ、現在の貸し出しが三冊未満でしたら、お名前と電話番号でお貸しできます。」

オレ 「はぁ・・・。わかりました・・・。」

ってよぉ、なんなんだよ。10冊まで借りられるのに、なんで三冊なんだ?どーしてこんなわけのわからんルールが存在するのだか。身元確認が曖昧だからってえ理屈は通らないよなぁ。三冊なら貸すわけだから・・・。こんなことを書くと、「カードを忘れたお前が悪い」ってえアホなことをいいだす馬鹿が出現しそうだ。そうだ、カードを忘れたオレには借りる資格がない。銀行に通帳もカードも持たずに行ったら、自分の金だって卸せるはずがない。そんなんは、承知だ。それがルールだ。だけどよぉ・・・三冊は貸すんだろぉぉぉぉぉ。そこなんだよ!!

にほんブログ村 教育ブログ 高校教育へ

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ


さて、仙厓義梵の有名な絵を載せておきましょう。以前もアップした記憶があるんだけれどね。
d0150949_18728.jpg

d0150949_1874255.jpg

by obakeland2008 | 2010-04-13 18:08 | 悪口 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 休みだから図書館めぐり 「カミュトルとサル」 >>