人気ブログランキング |
韓国映画『ハピネス』を観た。
d0150949_21355362.jpg『ハピネス』なんて、とっても安直なネーミングの映画だから観たくはなかった。でもよぉ、『八月のクリスマス』の許秦豪(허진호・・・ホ・ジンホ・・・ホ・ジノ)が監督だったから、借りてしまいました。この監督は、小津をリスペクトしているとかで、とっても静かな映画を作るお方なのね。だから、この映画も静かな悲しみに満ちたものでありました。太田裕美の『木綿のハンカチーフ』的なラブ・ストーリーとでも申しましょうか・・・。

d0150949_21372288.jpgソウルで水商売に生きてきたヨンスは、店をダメにし、女とも別れ、自身も肝硬変を患い、片田舎の療養院『希望の家』で過ごすようになる。そこで知り合った純朴なウニといつしか恋に落ちてともに暮らすようになるんだが・・・。次第に田舎暮らしにも病気を抱えたウニにも物足りなさを感じるようになって・・・・。この監督さんは、男女をハッピーエンドでは終わらせないんだね。


さて、先日の国語科準備室の大掃除で、捨てるにしのびないものを持ち帰ってきました。ポリバケツとか・・・色々と・・・。
d0150949_2145597.jpg

なんでこんなんが国語科にあるわけ?しかも・・・三本も・・・。ホント・・・だらしがないよなぁ・・・。ここに書くのは止めようと思っていたんだが、ロッカーの中とか棚の中からは生徒の作文やらレポートやらが山ほど出てきてさぁ・・・。しかも、評価した形跡がまるでない。生徒にやらせておいて、見もしないって・・・なんなんだい?まぁ、このポールは洗濯物やら干物やらに有効利用させていただきますわ。

にほんブログ村 教育ブログ 高校教育へ

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ

さて、今日は夜の仕事だけだったもんで、午前中は韓国語の勉強をしていたんだが、しつこくチェコの子どもからスカイプ通話がかかってきてさぁ・・・。一度は相手をしたんだが、相当知能の低い高校生みたいで、簡単な英語も通じないの、ハローってだけ・・・。東欧諸国って未だに英語は敵性言語なのかい?まぁねぇ、アタシの勤め先の子どもたちだって似たり寄ったりかもね。


さてさて、昨日はアテに、『塩麹でつけたアジの干物』を試しましたぁぁぁ。
d0150949_21552153.jpg

普通の干物と焼き色が違うのが分かりますか?お味の方も・・・粕漬けのような風味が加わっていて、非常に上品なものに仕上がっていらっしゃいました。しかし・・・うぅぅぅむ、俺は塩だけの方がいいかも・・・・鹿。
by obakeland2008 | 2010-03-10 21:57 | 映画 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 国語科のマグロ尽くしの送別会 蛮勇をふるって「とん吉」へ >>