人気ブログランキング |
クロスバイクのパンク・・・チューブ交換。
珍しく前輪がパンクした。
d0150949_01002644.jpg

タイヤを外して、内側を素手でなぞってみても突起物がなかったので、劣化かも知れません。

あいにく予備のチューブがなかったので、Amazonで購入したんだけれど・・・あんまり評判がよくない上にお高いの。
d0150949_00574765.jpg
d0150949_00580418.jpg

2ピースって、別に二個セットではないの、バルブが二つに分かれるってぇことです。

で、作業はものの10分で済みました。
d0150949_00594557.jpg


で、近所の自転車屋で予備のチューブを購入しました・・・貧乏なのに。





# by obakeland2008 | 2019-06-09 01:02 | クロスバイク | Comments(0)
梅干しを漬けることにした。
近所のヤオコーに行くと、青梅が少しだけ安く売られていたので、思わず買ってしまった。
d0150949_22451001.jpg

梅干しを作るのは、2016年以来で、その時は結構大量に漬けたんだけれど、気前よく人にやったりして、もう残り少なくなっている。といっても、あと1年くらいは持ちそうなんだが、まぁ気晴らしに1kgぐらい漬けてみようかと。


梅干しを仕込むのには、下準備が大切で、1にも2にも清潔さを保つことが肝要なのです。容器も念入りに洗った後、焼酎で消毒するし、梅のへたを取るときも、梅と塩を容器に入れる時も、ポリ手袋をして、素肌が触れないようにすること・・・大事です。

重石は、ビニール袋を裏返しにしたものの中に、ビニール袋を入れて、その中に水を灌ぐことで代用しました。3Lくらいの水が入ったんだけれど、もうちょい重みがあったほうがいいので、書斎にあったタルトストーン1kg分も投入しました。


こんな感じです・・・。
d0150949_22544230.jpg

燃えないゴミ用の袋しかなかった・・・。でもまぁ梅をけ終わったら元通り使えるからいいかと。

以上が6月3日の夜のことで、さすがに今日は水が上がっていました。もう7日だからねぇ。
d0150949_22572646.jpg

ここまで梅が水・・・梅酢・・・に浸かると、あとは重石を少し軽くして、ひと月くらい放置して、梅雨明けの晴れ間に干して・・・三か月くらいで食べられるかも。
d0150949_22595643.jpg
これは重石のタルトストーン。

梅干し作りの原価は・・・。

梅1kg・・・861円

塩1kg・・・200円弱(20g使ったので40円)

容器・・・500円


以上、約1400円ですな。天然の梅の白干し1kg1400円はものすごく安いよね。容器は繰り返し使えるから、容器代を除くと900円だよ・・・。




# by obakeland2008 | 2019-06-07 23:05 | 食べもの | Comments(0)
令和に入って364km走った。
令和になってから364.55km自転車で走りました。まぁ要は5月に走った距離なんだけれど・・・。
d0150949_14364967.jpg


積算距離は、10443km。クロスバイクを購入したのが2015年の6月で、今使っているサイクルコンピューターに換えたのが2016年9月3日なので、それまでの14ヶ月分の走行距離は不明なんです。
d0150949_14400804.jpg

33ヶ月で10443km走ったので、ひと月あたりの走行距離は約316kmということになります。1日10kmくらい走っているんだなぁ・・・。


さて、初夏の旬の鮎です。養殖ですが、100円というお安さです。しかも新鮮でした。
d0150949_14443024.jpg




# by obakeland2008 | 2019-06-01 14:44 | クロスバイク | Comments(0)
クロスバイクのブレーキシューを換えた。
2015年の6月にクロスバイクを購入して、2016年の11月にブレーキシューを換えたんだけれど、それ以来2年半もシューを換えてないことに昨晩気づきました。で、Amazonで注文して、今朝方配達されたので、さっそく取り替えました。

頼んだのはこれです・・・。
d0150949_22341712.jpg

前後だから2セットで、1744円・・・お安い。実に。
d0150949_22352704.jpg

作業は六角レンチだけで済むので、実に簡単。
d0150949_22361673.jpg

で、今までついていたブレーキシューです。
d0150949_22371547.jpg

試しに、この炎天下を30kmほど走りましたが、後輪のブレーキはもうちょい調整の余地がありました。が、疲れてしまって、調整する気力がわかなかったので、明日ですね。明日できることは今日するな!!!   至言です。




# by obakeland2008 | 2019-05-30 22:41 | クロスバイク | Comments(0)
令和になってからこしらえた料理・・・ろくなものがない!!
このブログも、最近ではすっかり、PC関連・クロスバイク・車・・・の記事ばかりで、まぁ本来が生活の備忘録だから、その時々に重要だと思ったことを優先させているわけなんだけれど、解析ツールを見ると、圧倒的に料理目的で訪問した人が多い。


と、いうわけで・・・突然ですが、令和になってからこしらえたものです。

まずは、塩焼きそば。
d0150949_00240970.jpg

初物のそら豆。これって料理じゃないかも・・・。まっ尻に切れ目も入れたし、2パーセントの食塩水で茹でたし・・・。ちなみに僕は薄皮ごと食します。皮を残す人とは酒席をともにしたくはありませんな。
d0150949_00291790.jpg


茄子のみそ田楽・・・。まぁ茄子なんて、あんまり栄養もないからなぁ。
d0150949_00320266.jpg

で、余った茄子を使って・・・「麻婆茄子」。茄子に油を吸わせて、濃いめの調味料で和えるから、ちょいと不健康かも・・・。でも旨いんだよねぇ~。
d0150949_00394501.jpg

アジの開き・・・。千葉県では新鮮なアジが安くて、これも税込み108円。頭とワタを落として、塩を振って冷蔵庫で数時間。これはぁ・・・旨いよ。ちなみに、イワシは脂分が多いので、高カロリーなんだけれど、アジはその点はヘルシーなんです。
d0150949_00371292.jpg

おまけ・・・「バターコーン」。味付けは、コンソメと塩とバター・・・。
d0150949_00405249.jpg



# by obakeland2008 | 2019-05-22 00:40 | 料理 | Comments(0)
『鰯のつみれと蕪のレモン鍋』を作った・・・旨いよ!!
図書館で久しぶりに料理の本を借りてきた。
d0150949_17123066.jpg
まぁ野菜を摂りたいときは、蒸すなり煮るなりして、カサを減らせばいいので、僕はいつもはタジン鍋を使っている。

でも鍋だと、出汁のきいたスープも楽しめるからなぁ・・・というわけで、ついつい借りてしまいました。

で、この本の11ページに、『かぶとたらのレモン鍋』という料理が載っていて、レモンなんて鍋に入れたことがないけれど何となく旨そうだから、こしらえてみることにしました。


d0150949_17211710.jpg

近所のロピアにいくと、鰯が4尾で216円だったので、叩くのは面倒だけれど、購入してつみれにしました。鰯のつみれは、三枚におろして皮を引いてしまえば、小骨ごと叩けるので、面倒がないし、小さな子供にも安心して食べさせられます。鰯に混ぜるのは、塩・・・あればショウガのすりおろしとか紫蘇とか。つなぎに片栗粉なんぞを入れると汁が濁ります。手のひらで軽くまとめて湯に優しく入れるだけで、上の画像のようになります。


材料(一人前)

蕪・・・中1個(皮ごと1cm幅に縦に切る。葉があれば適当に切って。)

鰯・・・中2~4尾(おろすのが面倒なら、タラ・サケ・豚・鶏・・・等々なんでも)

パセリ・・・あってもなくても。



味付け

コンソメ・塩・ニンニクスライス・ワイン(あれば白でも赤でも)・レモン(嫌いなら省略可、使う場合は国産を)



旨いことは旨いんだが、レモンの風味は白米には合いませんな。パン・・・それもハード系のものには合うかも。酒のあてにはいいと思いますが、やはり日本酒には厳しいかも・・・。




# by obakeland2008 | 2019-05-15 17:42 | 料理 | Comments(0)
物置に使っている床の間に棚を付けた。
1階の和室は子供部屋にしている。

家を建てた20年前は、居間にでもしようかと思っていて、床の間も掘りごたつもしつらえた。まぁ子供は授かるかどうかわからなかったからねぇ。

で、運よく一男一女が生まれて、その和室は二人の共同部屋となったんだが、パーティションもないし入り口は一か所だしってんで、子供たちには使い勝手が悪かったらしい。時が流れて、長男のほうは神奈川で一人暮らしを始めたので、3年前長女が高校に入学した時から、彼女の部屋になった。

が・・・婆さんが物置に使っていたりするので、和室は雑然として、年頃の女の子の部屋という感じは全然しない。天袋も押し入れも婆さんの思い出の品ばかり・・・。なんたって物を捨てないからなぁ・・・段ボール一個も捨てないで取っておきたい性格。

というわけで、床の間もあっという間に物置に・・・。


せめて床の間だけでも整理したかったので、棚を設置することにしました。


なるべく金をかけたくないし、床の間サイズの敷居棚なんて売られているはずもないので、自作です。しかもカインズの格安の端材を使って・・・。

床の間のサイズが、幅76cm、柱までの奥行きが81cmだったので、81cm×75cm×80(高さ)のものを作ることに・・・。

こんな感じです。
d0150949_00321799.jpg
この骨組みは、180cmサイズの物が198円だったので、6本使いました。

そして天板を張ってと・・・。このサイズの1枚板は結構なお値段なので、130円のものを7枚使いました。
d0150949_00344177.jpg
まぁ単独で使うものではなく、床の間の中に据えるもので、それほどの重量は掛からないから、こんな安普請でいいかと。床の間じゃなかったら、壁に打ち付けて、もっと簡単にできたのに・・・。


さてと・・・こんな感じです。ぴったりですな。
d0150949_00380704.jpg
床の間が傷むといやなので、脚に緩衝材のゴムを付けたのがわかりますか?

費用は、3000円くらいでした。かかった時間は、材料の買い出しを含めて8時間くらいですかねぇ。作り始めると速いんだけれど、ドリルが超安物の充電式でしかも随分と昔に購入したものなので、すぐにパワーが切れて・・・再充電・・・を繰り返したので、実に効率が悪い作業となりました。




# by obakeland2008 | 2019-05-13 00:48 | 生活 | Comments(0)