新しいイーストで山型パンを焼いた。
山型パンを焼きました。
d0150949_20181684.jpg

要は、パン型の蓋を外して焼くと山型パンになるし、蓋をして焼くと普通の食パンになるんですね。

参考にしたレシピは、これです。辻調理の『パンづくりに困ったら読む本』。
d0150949_20194878.jpg
d0150949_20210185.jpg
水の量がちょいと多めで、きちんと捏ねられるか心配していたんだが、やっぱり大変でした。粉のせいなのか、捏ねても捏ねてもまとまらない。
d0150949_20262242.jpg
で、なんとか生地にして・・・。形成と最終発酵です。
d0150949_20295020.jpg
d0150949_20301491.jpg
d0150949_20302781.jpg
そして、焼成なんですが、山型パンは上に伸びるからどーしてもヒーターと近くなるので、上が焦げやすいのですね。途中で熱を遮断する必要があります。
d0150949_20322105.jpg
山型パンなんて、300円くらいで買えるから、4時間もかけて手作りするってぇのは、趣味以外になんか意味があるのでしょうかねぇ。

まっ、妻と娘が喜んで食べてくれたから、それでよし・・・ということで。




[PR]
# by obakeland2008 | 2017-05-27 20:45 | パン | Comments(0)
久方ぶりに、ドライイーストを買った。

最近になって、リーンなパンの代表選手のフランスパンを焼きたくなって、柄にもなくポーリッシュ種なんぞに挑戦すること数度・・・負け戦の連続なのです・・・と言うほど気合は入ってないのだけれど、悔しいんだわ。

そんでもって、上手くいかない原因を明らかにして、その反省を踏まえつつ、次回のパン作りに励む・・・ってぇのが理想なんだが、どーにもパン作りの過程をいちいちメモに残すってぇタイプの男じゃないもんで・・・反省ができないの。

それに加えて、物心がついてから「酸っぱい葡萄の論理」のお世話になっているもんで、フランスパンが上手くいかない原因の責任転嫁をつらつらと想像している今日この頃で~。

で・・・フランスパンが上手く焼けない原因にしたのが、・・・オーブン

今使っているのは、7000円で購入した格安のコンベクションオーブンで、250度のメモリがあるものの、口コミのレビューには、温度設定がいい加減とかの記述が目立つ一品なんですわ。


しかし、パン焼きの道具の中では飛びぬけて高価なものを新調する財力がない。ああそれなのに、ここ数日は、やれパナのビストロだ、東芝の石窯だってぇことばかりを考えていました。でもまぁ凄いね、きちんとしたのは80000円くらいするんだねぇ・・・。80000円ってワシには車が買える値段だぜぇ。


でまぁ、もちっと足元から見直すことにしてと・・・。


そー言えば、イースト・・・随分と前に購入したサフの赤なんだけれど、なんと2013年だった。

d0150949_13193271.jpg

生来の貧乏性で、グラム単価を考えて500gを買ったんだわ。いちおう、密閉容器に入れて、冷凍庫に保存していたんだが、やっぱり劣化するよねぇ。

d0150949_13211052.jpg


そーゆーわけで、富澤で買ってきました。ニューイースト。125g453円。

d0150949_13295209.jpg
一度に使うイーストは1g~2gで、ワシがパンを焼くのは、せいぜい月に1、2度だから、イーストの使用量は最大で年に50g程度だ。だから500gも買っちまうと、使い切るには最短で10年かかる計算になりますな。


で、本日は休みなので、新しいドライイーストで、山型パンを作っています。



[PR]
# by obakeland2008 | 2017-05-26 13:39 | Comments(0)
ペルシヤード3連発・・・。
5月18日にこしらえたフランスパンが、ワシのパン作り史上かつてないほどの惨敗の出来で、年甲斐もなく凹みまくっている今日この頃なのです。

という割には、酒のアテのおさんどんはきっちりとやってたりで・・・。

とりあえずは、表題のペルシヤード。

フランス料理なんですかねぇ。ペルシ・・・ってぇのはパセリとか香草のことで、要はラム肉などの匂い消しのために考案された料理法のようですな。

パセリ・ニンニク・塩・パン粉・粉チーズを混ぜ合わせたものを、マスタードとかマヨネーズを塗った肉の表面に散らして焼いたものです。


で、豚の薄切り肉のペルシヤード。自家製梅肉とチーズを芯に巻いてます。赤いのは、チリペッパー。
d0150949_21350105.jpg
でもって、椎茸のペルシヤード。
d0150949_21352943.jpg

そして、手羽先・・・。
d0150949_21362275.jpg
手羽は、隠し包丁を入れるのがポイントですな。






[PR]
# by obakeland2008 | 2017-05-20 21:37 | 料理 | Comments(0)
5月15日は休みだったからフランスパンを焼いた。
またまた懲りもせずフランスパンを作りました。

14日に仕事から帰るとすぐに・・・as soon asですな、こいつの訳はいまだに「~するや否や」なんだろうか・・・ポーリッシュ種を仕込みました。
d0150949_19400706.jpg
で、マイハッコウキをがんがん使ってと・・・。
d0150949_19431615.jpg
d0150949_19432559.jpg
なんか、見るからに発酵し過ぎですな。そーなんです、昼酒を飲みながらだから、気が付くと40℃(適正温度は28℃)になってたりで・・・。パン作りをなめてますな、実に。

でまぁ、生地を分割して、偽バゲットとブールに・・・。
d0150949_19474077.jpg

でもって、出来上がり~。
d0150949_19481920.jpg
うーむ、たしか2年前も失敗続きだから、めげてフランスパンを投げたんだった・・・。

d0150949_19495571.jpg
こちらも過発酵だから、美味くはない。


明後日も休みだから、またチャレンジするかも・・・。飲まずにやれるか・・・?





[PR]
# by obakeland2008 | 2017-05-16 19:53 | パン | Comments(0)
神田の有名なシュークリームが買えた・・・。
この土日は神田明神の2年に一度の祭礼で、何となく町全体が荘厳さに包まれていた。

これは、日曜の朝8時の秋葉の駅前・・・。
d0150949_18145917.jpg
でまぁあちらこちらに地区ごとの神輿が出番を待っていて・・・。
d0150949_21304309.jpg

で、土曜日にシュークリームで有名なケーキ屋さんの前を通りかかると、いつもは3度しか焼かないシュークリームを一日中焼き続けるという告知が貼ってあった。

家族の土産に買いたくても、いつ通っても「売り切れ」で、かといって焼きあがる時刻まで並ぶのも面倒だから、こりゃ永遠に無理だとあきらめていたんだわ。

ところが、土曜はあいにくの雨天で、人出も少なかったらしく、店には客がない・・・。しかも、人気のシュークリームはけっこう残っている。

買いました・・・。
d0150949_21433866.jpg
しかしまぁ、店員の女の子が実に丁寧に包装してくれて、普通の箱、保冷材の箱、紙袋、雨天用のビニール袋・・・と、弦楽四重奏の豪華版でした。客がいなかったからいいけれど、お客さんが列をなしてたら大変だよね。

しかも、カウンター越しに袋を渡すのではなく、わざわざこちら側に出てきて品物を渡されたから、ワシもついつい「ご丁寧にありがとうございます。」と柄にもない礼を言っちまった。


で、これが話題のシュークリーム・・・1個259円。
d0150949_21491684.jpg
d0150949_21492640.jpg
家族は大喜びでございました。




[PR]
# by obakeland2008 | 2017-05-15 18:28 | 食べもの | Comments(0)
フランスパンを焼いた・・・2年ぶり。
先だって、船橋東武の富澤商店で購入した準強力粉の「フランス」を使って、フランスパンを焼こう・・・と思いながら、幾星霜ってぇのは大げさですが、やっと重い腰を上げて、作りました。しかも、前日から生地の一部を仕込む「ポーリッシュ法」という面倒な方法で・・・。
これが、出来上がりです。
d0150949_20242545.jpg
d0150949_20243576.jpg
左の丸いのはカンパーニュのようですが、実は隣の芋虫のような不格好なフランスパンと同じ生地なのです。

左のカンパーニュっぽいのは、いつもはワシの作ったリーンなパンを食わない妻と娘が完食したから、旨いんだと思われますな。

作り方は、実に面倒で・・・。ポーリッシュ法というんですか・・・。


前日に種を仕込むことから始まって、色々と・・・。


でまぁ、先日つくった発酵器をがんがん使ってと・・・。
d0150949_20462692.jpg
天板の四隅にあるのは・・・先日食したホンビノスです・・・断熱材ということで。もちろん、こんなのじゃ完全な断熱にはならないのは重々承知ですが、4つの電球をつけると、わずか数分で発酵温度の30度になるし・・・実に重宝してます。


まっ、80分後ですな。
d0150949_20525988.jpg
こんなのを2、3回繰り返して・・・。

思いのほか、旨いパンが作れました。








[PR]
# by obakeland2008 | 2017-05-12 20:56 | パン | Comments(2)
高2の娘が映画好きになった・・・。
このブログを書くにあたって、たびたび自省するのが一人称だ。いまは「ワシ」を使っているんだが、これはどーにも偉そうな上に本人が「ワシ」という呼称にそぐわない実に貧相な男だから、もの凄く座りがわるい感じがしている。

ワシは、普段の一人称は、プライベートだと「オレ」だし、よそ行きだと「わたし」だ。ん?これって、MECE(ミーシー)の法則から逸脱してる・・・

「オレ」はブログには使えんし、ブログで「わたし」というほど落ち着いてもいないし、かといって、管理人とかハンドルネームとかも恥ずかしいし、まぁ諧謔の意味を込めて「ワシ」にしたんだけれど、・・・なんかいい一人称あるかなぁ。



で、本題なんだが・・・。

妻がいうには、高2の娘が洋画にはまっていて、それも字幕で観ているらしい。テレビ好きの義母は字幕の洋画にはつきあえんと、かわいい孫をそこはかとなく恨みつつあるみたいなの。

娘は、中学の頃から、よく映画館に行ってたんだが、高校に入ってからも頻繁に通っている。このGWでも「美女と野獣」を観にいったみたいだし・・・。実に斜陽の日本映画界に貢献している。

ワシなんて、映画館で観た直近の映画は三丁目の夕日だぜぇ。まぁ、閉所恐怖症と人嫌いのせいもありますが・・・。


娘は、どうしたことか、洋画を字幕で観て、英語の勉強をしてるらしいのよ。


そこで、酒飲みのぐーたらオヤジは、日ごろの失点を取り返そうと、手元のDVDを貸しましたトサ。
d0150949_21055925.jpg
古い?






[PR]
# by obakeland2008 | 2017-05-07 21:07 | こども・家族 | Comments(0)